レトロ風カスタム3選! クラシカルな雰囲気に現代的な快適さを備えたモデルを紹介

画像ギャラリーはこちら
現行車または高年式の中古車をクラシカルなスタイリングに変更するレトロ風カスタムが流行している昨今。ここではフレックスが販売するレトロ風カスタムのリノベーションカー「Renoca(リノカ)」の中から3台を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. プロボックスをレトロなスタイリングに「EURO BOX(ユーロボックス)」
  2. ランクル100系に60系のマスクを装着「リノカ 106」
  3. アメリカのバンをテーマにハイエースをカスタムした「リノカ COAST LINES」

プロボックスをレトロなスタイリングに「EURO BOX(ユーロボックス)」

最初に紹介するのは、トヨタ プロボックスをベースとした「EURO BOX(ユーロボックス)」。

エクステリアは、ブラックアウトされたフロントグリルに丸型ライト。さらに、ブラックのフェンダーに埋め込まれた四角いウインカーや平らなボンネット、専用ホイールがレトロなスタイリングを演出している。

通常のプロボックスは、1リットルのパックを差し込めるホルダーやお弁当を置けるテーブルなど、営業車としての利便性を追及しているモデル。

EURO BOXでは、そういった装備はそのままに、シートカバーなどで親しみやすい印象のインテリアに仕上げ、居心地のいい空間を創造している。使い勝手や走りは、ベースのプロボックスのままであるため、日常から趣味、仕事までタフに使える性能と耐久性が魅力の1台だ。

EURO BOXの参考価格は239万8000円(平成30年式/走行5万kmの場合)。

ランクル100系に60系のマスクを装着「リノカ 106」

次に紹介するのは「リノカ 106」。

丸目と角目のバリエーションを用意するヘッドライトや、フロントグリル内の「TOYOTA」エンブレムがトヨタ 60系ランドクルーザーを彷彿とさせる1台だ。

装着されるフロントグリルは、ランドクルーザー60系の正規パーツを換装し、ボンネットをスチール製にすることで強度を高めるなど、本物の“見た目”と“タフさ”を追求している。

インテリアは、ベースとなるランドクルーザー100系の高級感はそのままに、外観の印象を反映させたシートは、カバータイプと張り替えタイプを用意。現代的な快適さと、クラシカルな空気感の両方を演出している。

こちらも元々のSRSエアバッグ、カーテンエアバッグ、横滑り防止装置、クルーズコントロール、電動シートにシートヒーターなどの装備は健在で、レトロな見た目を求めつつも快適性は損ないたくないという人にぴったりの1台だ。

リノカ 106の参考価格は349万円(走行9万9000kmの場合)。

アメリカのバンをテーマにハイエースをカスタムした「リノカ COAST LINES」

最後に紹介するのは、トヨタハイエースをベースとした「COAST LINES(コーストライン)」。

60年代から90年代に見られたアメリカのバンをテーマに、角型ライトまたは丸目ライトを装着。ブラックアウトしたグリルには「TOYOTA」のエンブレムを装備している。

インテリアでもクラシカルな雰囲気を演出。車内でもレトロな印象を楽しむことができる。ラゲッジは、ベースとなるハイエースと同様のスペースや使い勝手が確保され、キャンプや車中泊にも最適の1台だ。

COAST LINESのベースは、通称200系と呼ばれている5代目ハイエース。標準ボディ、ワイド ミドルルーフ、スーパーロング、グランドキャビンなど多彩なバリエーションを備えるが、リノカのラインナップは、ミドルルーフをベースにした「COAST LINES」のほか、標準ボディをベースにした「COAST LINES Narrow」も展開されている。

COAST LINESのの参考価格は「WAGON GL TYPE(10人乗り・4ドア:ロング・ミドルルーフ)」が399万8000円(走行距離7万km H23 2,7G Ver.1シートの場合)、「SUPER GL TYPE(2/5人乗り・5ドア:ロングバン)」が299万8000円(走行距離:7万km H23 2,7G Ver.4シートの場合)。

ここまで3台のモデルを紹介してきた。どれも現代的な快適さはそのままに、クラシカルな雰囲気を備えた魅力的なモデルたち。レトロな見た目だけど快適な機能は欲しいといった人は一度検討してみてはいかがだろうか。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
290.4万円540.2万円
中古価格:
55万円3,400万円
トヨタ/プロボックス
トヨタ プロボックスカタログを見る
新車価格:
133.5万円180.7万円
中古価格:
45万円154.9万円
トヨタ/ランドクルーザー100
トヨタ ランドクルーザー100カタログを見る
新車価格:
422.4万円596.2万円
中古価格:
129.8万円580.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる