新型カローラ クロス、日本仕様のフロントマスクに意見が割れる! 海外仕様派は“カローラ感”を出したくない?【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
日本導入以前、先行して海外で発表されている頃から大注目を集めていたトヨタ 新型カローラ クロスが、2021年9月14日(火)より遂に日本でも発売開始した。日本仕様ではフロントマスクのデザインが大きく変更され話題を読んでいる。ここではそんな新型カローラ クロス(日本仕様)の外観についてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型カローラ クロス(日本仕様)のフロントマスクはカローラシリーズに共通したデザインに
  2. 日本仕様のフロントマスクを推す声半分、海外仕様のフロントマスクを推す声半分
  3. 内装色はブラック以外の設定も求める声

新型カローラ クロス(日本仕様)のフロントマスクはカローラシリーズに共通したデザインに

日本で発売される新型カローラ クロスでは、1.8リッターのハイブリッドモデルとガソリンモデルの2種類が用意される。ハイブリッドモデルには4WDも設定され、価格(税込)は、ハイブリッドモデルが259万~319万9000円で、ガソリンモデルは199万9000~264万円。

ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm。

外観は、海外仕様では上部に大きなグリルを備えるフロントマスクだが、日本仕様のフロントマスクは、バンパーより下の高さまでにグリルを抑え、車名の頭文字をモチーフにデザインされた「C」マークをあしらい、他の国内仕様のカローラシリーズと共通するオリジナルデザインとなている。

日本仕様のフロントマスクを推す声半分、海外仕様のフロントマスクを推す声半分

そんな日本仕様の新型カローラ クロスの外観について、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

結論から言うと、日本仕様のフロントマスクを推す声半分、海外仕様のフロントマスクを推す声半分といった印象だ。

スタイリッシュで落ち着いたデザインの日本仕様

まず、日本仕様のフロントマスクを推す声としては、

「日本仕様のフロントマスクはスタイリッシュになった」

「海外仕様は大きな口を開けたようなグリルだったけど、日本仕様はそれがコンパクトになっていて良いと思う」

「C-HRっぽいシュっとした顔が好印象」

「日本仕様の方が落ち着いてて好き」

「実車を見てきたが、意外とボディサイズは大きい。それでいてこのマスクなら威圧感は少なくちょうど良い」

といった声が挙がっている。

海外仕様派は“カローラ感”を出したくない?

一方、海外仕様のフロントマスクを推す声としては、

「海外仕様の顔の方がカッコ良かった」

「微妙なデザイン。海外版のままで良かったのに」

「海外仕様のほうがSUVらしさがあった」

「Cのマークは付けないでほしかった」

「カローラこそトヨタエンブレムで、ハリアーを専用エンブレムにすれば良かったのでは?」

などの声が挙がっている。

日本仕様のフロントマスク派は総じて、スタイリッシュ、落ち着いたデザインといったところに好印象の様子。対する海外仕様のフロントマスク派は、大型グリルによる存在感にSUVらしさを感じ好印象を抱いていたようだ。そのほか、Cマークに嫌悪感を挙げる声も少なくない数で存在し、それらは「カローラ」の冠を前面に出すのを嫌っているようにも感じ取れた。

その結果、

「他のカローラにデザインを寄せたのが裏目に出なければ良いが…」

とする声も見受けられた。

内装色はブラック以外の設定も求める声

デザイン面については個人の主観によるところが大きく、万人にウケるデザインというのは難しいところ。賛否が別れることは容易に起こることだ。

一方で、内装については「シンプルでスタイリッシュ」といった声はあるものの、共通して挙がっているのが、

「ブラック限定の内装色をどうにかしてほしい」

「海外仕様にはあるアイボリーやボルドーを日本でも設定してほしかった」

といった声。

海外仕様では複数の内装色が設定されているのに対し、日本仕様ではブラックのみの展開となり、こちらはブラック以外の内装色を求める声が共通して挙がっている。

今後、こういった声が増えた場合、日本仕様にも追加設定されることはあるのだろうか? まずは、新型カローラ クロスの売れ行きに注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/カローラ
トヨタ カローラカタログを見る
新車価格:
193.6万円294.8万円
中古価格:
29.8万円281.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる