【人気コンパクトSUV内外装比較】新型カローラクロスと日産 キックス、意外と競合する2台の価格

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年夏にも国内導入が噂されているトヨタの新型コンパクトSUV「カローラクロス」。1.8リッターもしくは2リッターのガソリンエンジンと1.8リッターハイブリッドの2タイプを用意する新型カローラクロスの国内価格は、既に導入されているタイ仕様などから推察して、約220万円~約315万円あたりが見込まれる。そこで今回はサイズ感では若干コンパクトながら275万9900円~286万9900円と価格(税別)で競合する日産 キックス e-POWERと共に気になる両車の違いを比較していく!
目次[開く][閉じる]
  1. 共に海外発信のSUV
  2. 外観はSUVらしさが漂う両車のデザイン
  3. 共に荷室容量はたっぷり確保

共に海外発信のSUV

トヨタ 新型カローラクロスは、世界の大衆車ブランド“カローラ”のSUVモデル。2020年7月9日にタイで発表され、その後2021年6月には北米でも発売を開始。日本には今夏にも導入が噂されている。

タイで発表された新型カローラクロスのボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×全高1620mm、ホイールベース2640mm。

一方の日産 キックス e-POWERは2020年5月にタイで発表された。タイの日産工場で製造され、世界へ輸出される。日本では2020年6月から発売を開始している。

キックスのボディサイズは、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm、ホイールベース2620mm。

外観はSUVらしさが漂う両車のデザイン

新型カローラクロスは、加飾された枠どりからなる台形グリルのフロントマスクが特徴。中間部分には樹脂製の黒いバンパー部分を水平に配置し、下部にロアグリルとシルバー調のアンダーバンパーを備え、SUVらしさが強調されている。

同様にSUVとしての力強さを表現すべくフェンダーやサイドなどには樹脂パーツが装着されている。

リヤ周りでは、専用のルーフスポイラーやシルバー調のアンダーバンパーを装着。樹脂部分は高い位置に設定されており、リヤ周り全体にもSUVらしさが漂う。そんな中、ブレーキランプ類にはカローラシリーズを連想させるようなデザインが落とし込まれている。

キックス e-POWERは、存在感のあるフロント周りをつくる「ダブルVモーショングリル」やブーレメラン型のリアコンビランプなど有機的なデザインを採用。

抑揚の効いたフェンダーや、リヤ周りではテールゲート周辺は力強い造形が施されている。また、ブーメラン型のリヤコンビランプやホイールアーチなども有機的なデザインでSUVらしいアクティブな雰囲気が感じられる。

共に荷室容量はたっぷり確保

トヨタ 新型カローラクロスのインパネデザインは、カローラシリーズとも共通する馴染みやすいものに。薄型インパネとドアトリムが連続したデザインにより、開放感のある空間がつくられている。

インパネセンターの見やすい位置には8インチの大型のディスプレイオーディオが備わるほか、センターコンソールは幅広で高さのあるもので安定感やワンランク上の車格感を実現している。

対するキックス e-POWERはナビの位置低めに設定し前方の視界を確保。2トーンモデルのインパネは斬新な色分けがされているが、スイッチ類やナビのレイアウトはオーソドックスで手堅い。外装と同様に、多くの人に受け入れられる普遍的な格好良さを狙っている。

新型カローラクロスでは、最大で487Lというクラストップレベルの荷室容量を確保。荷物スペースへのアクセス性や、後部ドアには子供を抱えての乗降を想定した広い開口部を備える。

一方のキックス e-POWERもラゲッジスペースでは423Lと、コンパクトSUVトップクラスの容量を確保。こちらもアウトドアが趣味だったりと、荷物が多くなりがちなユーザーにも安心して活用できる仕様だ。

ここまで新型カローラクロスとキックス e-POWERを比較して紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる