トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)試乗レポート/渡辺陽一郎
トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル) トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル) トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル) トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル) 画像ギャラリーはこちら

9月のマイナーチェンジで内外装を一新した新型「カムリハイブリッド」を試乗チェック!

今は大半の自動車メーカーが、生産総数の80%以上を海外で販売する。トヨタの場合、2014年1~10月の累計データを見ると82%を海外で販売している。

このようなトヨタのグローバル化を象徴する車種が「トヨタ カムリ」だろう。北米では1ヶ月に3万~4万5,000台前後を販売して、中国でも売られるようになった。

今のトヨタ車は多岐にわたり、北米で売られるLサイズピックアップの「タンドラ」、ミニバンの「シエナ」、セダンの「アバロン」などは、日本では購入できない。トヨタに限らず「日本で買えない日本車」が増えているが、カムリは日本でも取り扱う世界戦略車だ。

トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)

先代カムリの日本仕様は、直列4気筒の2.4リッターエンジンを搭載していたが、2011年に登場した現行型は直列4気筒2.5リッターのハイブリッドのみ。海外では直列4気筒2.5リッター、V型6気筒3.5リッターのノーマルエンジンも用意されるが、日本仕様はハイブリッドに統一した。

この国内戦略は納得できる。カムリは北米などではスタンダードなセダンだが、日本では明らかに大きい。全長は4,850mm、全幅は1,825mmに達する。となれば豪華さ、あるいは高性能といった趣味性が必要だが、海外向けのスタンダードセダンとして開発されたカムリにそれは求められない。そこで現行型はハイブリッド専用にして、特徴を持たせたのだ。

そんなカムリが、2014年9月9日にマイナーチェンジを実施した。当記事では、主力グレードのカムリハイブリッド Gパッケージを試乗したので、そのレポートをお届けしよう。

重厚感を増した「フロントフェイス」が存在感を放つ

トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)
トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)

まずは外観だが、以前に比べるとフロントマスクの存在感が増した。

ラジエターグリルの開口部が拡大され、フロントバンパーはエアロ形状になる。ヘッドランプはディスチャージだが、昼間に点灯するデイライト機能が付いたLEDクリアランスランプを加えた。リアビューもコンビネーションランプ、装飾のガーニッシュなどを変更している。

ボディ前後のデザインを変えたことで、全長は25mm拡大して前述の4,850mmに達した。Lサイズセダンの高級感を強めている。

TFT液晶付メーターへ刷新、安全面も大きく進化

トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)

内装では、メーターのレイアウトを一新。

左側にはノーマルエンジン車のタコメーターに相当するハイブリッドシステムインジケーター、右側にはスピードメーターが装着され、中央には4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイが備わる。平均/瞬間燃費、エコドライブの実績、レーダークルーズコントロールの作動状態などを表示する。

装備については安全面を進化させた。従来の先進装備は、2車線道路などで後方を並走する車両を知らせるブラインドスポットモニターだけだったが、新型ではミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティシステム、この応用機能となるレーダークルーズコントロール、車線逸脱を警報するレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームも加えた。

これらをセットにして、Gパッケージの場合は13万2,840円でオプション設定される。

トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)トヨタ カムリハイブリッド(2014年マイナーチェンジモデル)
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ カムリハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カムリハイブリッドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カムリハイブリッドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カムリハイブリッドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カムリハイブリッドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる