【予算500万円のミニバン選び】トヨタ アルファードと日産 エルグランドを徹底比較! 維持費はほとんど同じも3列目の使用頻度が少ないならエルグランドに軍配

画像ギャラリーはこちら
飛ぶ鳥を落とす勢いで人気のトヨタ アルファード。乗り出し価格500万円はくだらない高級ミニバンにも関わらず2021年1月〜6月まで月平均1万台を売り上げるほどの人気っぷり。だが、実際に購入する際に機になるのがライバルの日産 エルグランドとの違いである。そこで今回はアルファードとエルグランドの人気グレードを使い勝手や先進安全装備、さらにはランニングコスト含めて比較を敢行。結論からいえば維持費はほとんど同じもシートアレンジ、とくに3列目の使い勝手に大きな違いがあった。果たしてどんな違いがあるのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. アルファードとエルグランドの人気グレード対決! 価格差は約2万円
  2. 燃費や税金など維持費は互角! オススメは460万円台の上級グレード
  3. 【内装比較】助手席オットマンは両車ともに装備! 快適装備に違いアリ
  4. 【シートアレンジ比較】最大の違いは3列目の収納方法。使い方によって好みが別れる仕様に
  5. 【先進装備比較】どちらも同等装備で充実も、大型モデルゆえにオプションのカメラ機能は装備したい
  6. 【維持費比較】自動車税は同額も燃費は僅差でアルファードに軍配
  7. 【結論】快適装備などは互角も、荷室と3列目の使用頻度を考えて車種選択を

アルファードとエルグランドの人気グレード対決! 価格差は約2万円

子育て中でも、ゆったりとした時間を大切にしたいパパ・ママは多いですよね。日本を代表するラグジュアリーミニバンと言えば、トヨタ アルファードと日産 エルグランド。子育てにガチで便利なのはどっちなのか、気になりませんか? この記事では予算500万円で買える2.5Lガソリンモデル同士、購入後の維持費も予想しつつ徹底比較します。

燃費や税金など維持費は互角! オススメは460万円台の上級グレード

今や芸能界や財界などの多くのVIPも愛用するトヨタ アルファードは、海外でもセレブのステイタスとなっているラグジュアリーミニバンです。

2.5リッターのハイブリッドとガソリンの2.5リッター/3.5リッターがあり、3列シートの7人乗りと8人乗りを設定。ガソリンモデルは2WDと4WD、ハイブリッドは4WDのみとなっています。

その中で今回オススメするグレードは、2.5リッターガソリンで2WD/7人乗りの「S”Cパッケージ”」468万1600円。外観は専用エアロパーツや18インチアルミホイールで存在感があります。

3.5リッターの「SC」と同じく切削光輝+ブラック塗装のアルミホイールなので、プレミアム感もアップ。インテリアはドアトリムやシートが合成皮革ですが、メタルウッドの加飾などもあしらわれて華やか。子育て中は本革より気がねなく使えていいかもしれませんね。

一方で日産 エルグランドはラグジュアリーミニバンの先駆け的存在で、全高を低く抑えたスタイルがスポーティで人気。3.5リッターのV6エンジンと2.5リッターの直4エンジンがあり、7人乗りと8人乗り、2WDと4WDが設定されています。

その中で今回オススメするグレードは、2.5リッターモデルで7人乗り/2WDの「250 Highway STAR Premium Urban CHROME(プレミアム アーバンクローム)」465万8500円でる。

2.5リッターのトップグレードとなっており、外観はHighway STAR専用のエアロパーツに加え、漆黒のフロントグリルやクリアブラックタイプのライトなどで、クールな表情となっているのがアーバンクロームの特徴です。足元にもグラファイトフィニッシュの18インチアルミホイールを履いており、全体的にモダンで洗練された欧州車のようなイメージとなっています。

>>【高級ミニバン残価設定ローン比較】残価設定ローンで買うならトヨタ アルファードが最良の選択!? 意外にもエルグランドとオデッセイも残価率はいいものの、トータルで考えるとアルファードが有利だった

【内装比較】助手席オットマンは両車ともに装備! 快適装備に違いアリ

夏場も嬉しいベンチレーションシートはアルファードだけ

それでは室内の快適性や装備から比較していきましょう。

アルファードの「S”Cパッケージ”」は基本的に398万5000円の「S」がベースとなっているのですが、価格差が69万6600円もある理由として、主に快適装備や安全装備がその上の3.5Lモデル「SC」527万7600円に準じた充実度となっていることが挙げられます。

運転席まわりで言えば、ガラスがUVカット機能+IRカットガラスになっていたり、雨滴感知式のオートワイパー、ステアリングヒーター、フロントドアアームレストも標準装備。

フルオートエアコンが排気ガス検知内気外気自動切替システム付きになり、運転席8wayパワーシートも2.5リッターエンジン搭載車では「S”Cパッケージ”」のみ。助手席4wayパワーシート、助手席パワーオットマン、運転席と助手席の快適温熱シート+ベンチレーションシートもついて、夏も冬も快適そのものです。

女性必見! お肌に嬉しいプラズマクラスター搭載はエルグランドの魅力

対するエルグランドの運転席まわりは、フロントガラスがスーパーUVカット、その他はUVカット断熱機能付きガラス。運転席、助手席のパワーシート、アームレストにクイックコンフォートシートヒーター、助手席オットマンも標準装備。

圧巻なのはインテリジェントエアコンシステムで、肌保湿と除菌機能があるプラズマクラスター搭載、内気自動切替機構、花粉や匂い、アレルゲン対応の高性能フィルターで室内を快適な空間に保ってくれます。

【シートアレンジ比較】最大の違いは3列目の収納方法。使い方によって好みが別れる仕様に

長尺物をラクに積むならアルファード

次に2列目、3列目シートの居住性とシートアレンジなどの使い勝手を見ていきましょう。

アルファードは2列目シートが全5タイプあり、「S”Cパッケージ”」は2番目に豪華なタイプとなるエグゼクティブパワーシートを搭載。

ロングスライド、パワーリクライニング、パワーオットマンで角度調整付き大型ヘッドレスト、カップホルダーとポケット付きのアームレストがあり、リラックスして座れるのはもちろん、眠る時も快適です。後席サンシェードも付いています。

3列目はベンチシートタイプで、スライドとリクライニングが可能。5:5分割でサイドに跳ね上げて格納することができます。

シートアレンジは2列目のロングスライドで、子どものお世話をする際に余裕のスペースが生まれるほか、2列目から3列目のウォークスルーもOK。大きな荷物を積みたい時は、2列目と3列目の背もたれをほぼフラットにできますが、2列目のアームレスト部分は倒れず、シート間の隙間もできますので、完全にフラットにはなりません。細長い長尺物は積めますが、自転車の積載などは厳しいと思います。

荷室スペースを有効活用できるのはエルグランド

対するエルグランドの2列目シートが全2タイプあり、「250 Highway STAR Premium Urban CHROME」はいちばん豪華なコンフォタブルキャプテンシート。ロングスライド、シートバック中折れ機能、オットマン、アームレスト、カップホルダー4個とシートサイドテーブルが付いていて、とくに中折れ機能は眠る時に身体のラインにフィットさせられるので快適。

サイドテーブルも子育て中はかなり助かる装備です。2列目・3列目にはロールサンシェードも付いています。

3列目はベンチシートタイプで、スライドとリクライニングが可能。6:4分割で背もたれを前倒しでき、段差は残りますが普段から大きなラゲッジとして高いところまで広いスペースが確保できます。

ただ、2列目シートに前倒し機構はないので、長尺物を積みたい時は背もたれをフラットにして3列目の座面とつなげるか、1列目シートの背もたれをフラットにして2列目とつなげるか、どちらかということに。

エルグランドも大人用自転車の積載は難しいですが、幼児用自転車やベビーカーの積載には便利でしょう。2列目から3列目へのウォークスルーは、サイドテーブルを跨げば可能です。

【先進装備比較】どちらも同等装備で充実も、大型モデルゆえにオプションのカメラ機能は装備したい

では先進安全装備を見てみましょう。

アルファードは「Toyota Safety Sence(トヨタセーフティーセンス)」としてプリクラッシュセーフティや全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなど6つの機能は全車標準装備ですが、そのほかのブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックオートブレーキなどの機能はオプションとなるグレードが多くなります。

「S”Cパッケージ”」でもオプションで、ほかにも買い物や送り迎えなど市街地で乗ることが多いなら、パノラミックビューモニターなどの駐車支援が欲しいところ。声でナビ検索などができるITS Connectも2万7500円のオプションとなっています。

対するエルグランドは、先進安全装備は全グレードで同等のフル装備となっています。踏み間違い衝突防止アシストやRCTA(後退時車両検知警報)といった、うっかりミスをサポートしてくれる機能もしっかり揃っています。

ただ、駐車時にあると嬉しいインテリジェントアラウンドビューモニターやNISSAN Connectなどは、全車でオプション設定となっています。

【維持費比較】自動車税は同額も燃費は僅差でアルファードに軍配

維持費の面では、アルファードは年に一度かかる自動車税が4万3500円。WLTCモード燃費が10.6km/Lなので、月に500km走行するのにかかるガソリン代は、全国平均価格(6月14日現在)の146.6円で計算すると約6915円です。でも3.5Lモデルはハイオクですが、2.5LモデルはレギュラーガソリンでOKなのが嬉しいですね。

エルグランドは、自動車税は同じく4万3500円。WLTCモード燃費が10.0km/Lなので、500km走行するには7330円のガソリン代がかかります。でもこちらも3.5Lモデルはハイオクですが、2.5Lモデルはレギュラーガソリンとなっています。

【結論】快適装備などは互角も、荷室と3列目の使用頻度を考えて車種選択を

ということで、運転席まわりではステアリングヒーターが付くなどアルファードの方がやや豪華な印象ですが、2列目・3列目の快適性はほぼ互角といった結果となりました。

シートアレンジがかなり異なり、それによって荷物の積載方法も変わってきますが、実は元エルグランドオーナーとしての体験では、年に数回しか3列目シートに座ることがない場合、跳ね上げ格納よりも前倒し格納できた方が、荷室が大きく効率的に使えてベビーカーの出し入れなども便利でした。運転中の後方視界にも、邪魔なものが入ってこないのでよかったです。

でも車中泊などを考えているなら、1列目からほぼフルフラットにできるアルファードも魅力的です。皆さんのファミリーにはどちらが使いやすいのか、ぜひじっくり選んでみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
359.7万円775.2万円
中古価格:
22万円1,402.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる