【高級ミニバン残価設定ローン比較】残価設定ローンで買うならトヨタ アルファードが最良の選択!? 意外にもエルグランドとオデッセイも残価率はいいものの、トータルで考えるとアルファードが有利だった

画像ギャラリーはこちら
今高級ミニバン市場でもっとも支持されているのはトヨタ アルファードだ。ところが日産 エルグランドやホンダ オデッセイなどライバル車はたくさんおり、購入する際に車種選びで悩む人も少なくないはず。そこでアルファードとエルグランド、そしてオデッセイの残価設定プランを比較。最終回支払額(=下取り予定額)をみると意外にもエルグランドがもっとも有利ということが判明。一体どのクルマが一番いい選択肢となるのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 人気車ゆえに残価設定ローンで購入するならアルファードがお得なのか!?
  2. 金利や最終回支払額を見ると意外にもアルファードよりもエルグランドがもっとも有利!
  3. 将来の下取り価格なども考慮するとやっぱりアルファードが有利

人気車ゆえに残価設定ローンで購入するならアルファードがお得なのか!?

ラージミニバンは車両本体だけで400万円を超えることも多い高価なジャンルだけに、購入方法に数年後の価値を差し引いた分を分割払いする残価設定ローンを使う人も増えている。その際には「やっぱり王者アルファードが安く済むのか?」、「アルファードとヴェルファイアでは月の支払額は違うのか?」など、気になることも多い。

そのため今回はトヨタアルファードとヴェルファイア、日産 エルグランド、そしてホンダオデッセイというラージミニバンの実質3モデルを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額を比較してみた。

>>トヨタ アルファードはなぜミニバンの王者になれたのか!? その答えは着座位置の高さと徹底的にライバルを意識した設計にあった

金利や最終回支払額を見ると意外にもアルファードよりもエルグランドがもっとも有利!

グレードはヴェルファイアのバリエーションが最近ゴールデンアイズII(2.5リッターガソリンFFで424万円)のみになったため、条件を揃えるべく各車424万円に近いものとした。

選ぶクルマだが、注文する際しか選べないメーカーオプション、注文後もパーツ購入できるディーラーオプションともに一切無し。残価設定ローンの支払いプランは60回(5年間)、頭金とボーナス払いはなしとした。少々乱暴ながら、条件を整えるためこのような設定とした。

>>トヨタ 新型アルファードが一部改良で装備充実! 対する新型ヴェルファイアは大胆リストラで人気グレード1つを残すのみに

月額支払額もアルファードとヴェルファイアがもっとも低額という結果に

結果は表の通りとなり、着目したい点としてはアルファード&ヴェルファイアは残価設定ローンでの購入だと、支払額の違いはないということ。

そしてエルグランドは金利の低さと、最終回支払額(処分する際の査定)が人気などを考えると大盤振る舞いに感じるくらい高い結果に。アルファード&ヴェルファイアより約21万円高いグレードにしても月々の支払額は同等となった。

オデッセイの月々の支払額は最終回支払額などを考えると、妥当なところだろう。また基準とした424万円に近いグレードがハイブリッドとなるオデッセイでは、車両価格との関係でグレードは異なるが、ガソリン車でも計算してみた。

結果は月々の支払額は約3000円程度ハイブリッドの方が高いが、約3000円の差額は現在のガソリン価格(全国平均価格151円)だと月600km走ればペイできる。排気量が小さいため自動車税も安いハイブリッドを選ぶ意義は残価設定ローンでも大きいといった結果であった。

将来の下取り価格なども考慮するとやっぱりアルファードが有利

この4台で欲しいクルマが決まっているというなら、細かいことはあまり考えずそのクルマを買うのが一番幸せだと思う。だが、迷った際に残価設定ローンという視点から見たアドバイスを記しておこう。

中古車市場の価格を参考にして決めるべき

アルファード&ヴェルファイアを基準にすると、エルグランドとオデッセイはブランド力を含めたクルマの格などを考えると「もう少し安ければ……」、つまりちょっと高く感じるというのが本音だ。

また、エルグランドは残価設定ローンの最終回で処分するならいいが、何らかの事情で買い取りなど外部に処分するとなると、残価設定ローンほどの査定額がつくのか? という不安もある。

将来的にヴェルファイアのブランド廃止を考えると少々不安

そしてヴェルファイアは残価設定ローンならアルファードと同じ金額で乗れるのは嬉しいポイント。

だが、ヴェルファイアは今後車名がなくなることが確実視されているだけに、エルグランド同様に外部の査定がアルファードと同等になるのか? という不安要素も。

そのため逆に考えれば、ヴェルファイアが欲しいなら残価設定ローンを使うのは一種のリスク回避になると言えるのかもしれない。

といったことを総合すると「ラージミニバンを買うなら、出費で考えてもやっぱりアルファードが無難、安心」というのが、ありきたりながら結論となるだろう。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
359.7万円775.2万円
中古価格:
22万円1,402.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... やど紫苑亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる