autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム フォグランプの正しい使い方知ってますか? 約半数が意味なく点灯の実態

自動車評論家コラム 2017/12/5 10:30

フォグランプの正しい使い方知ってますか? 約半数が意味なく点灯の実態

フォグランプ正しく使えてますか?
フォグランプ正しく使えてますか?リアフォグ(バックフォグ)86 リアフォグフォグランプ正しく使えてますか?画像ギャラリーはこちら

フォグランプ付車の2人に1人が常に点灯!?

対向車や、後続車のハイビームを受けたら、全ての人が気分を害すると思う。対向車であれば、自分もハイビームにして注意喚起するなど何らかの反応もするに違いない。

ハイビームの次に腹立たしいのは、フォグランプの乱用じゃなかろうか。オートックワンでアンケートを行ったところ、1100人以上から回答があり、その内48%の人が常用してるという結果が出た。

一部、コメントを紹介しよう。フォグを理解している人、していない人が良くわかります。

「フォグランプは霧の時につけるもの。通常時は使わない。対向車の迷惑です」

「この季節、深夜や早朝は濃霧になることも多いですが、点けるべき時に点けていないクルマもよく見かけます」

「晴れた日の夜の高速でリアフォグランプを点灯させている人は、何を思っているのか心底知りたいと思います。後続車からしてみれば眩しいだけなのに…」

「ヘッドライトの補助灯としてもそうですが、主な理由はかっこいいから。夜はずっと点けてます」

>>フォグ/バックフォグの写真

フォグランプ正しく使えてますか?

今回バックフォグランプ(リアフォグランプ)のアンケートはしていないものの、フォグランプと同じく使用率が高いと思われる。私はバックフォグを意味無く点灯してる車両に出くわすと、最高に気分が悪くなる。そもそも通常の気象状況でバックフォグを点けたらまぶしい。刺激のある赤ということもあり、脳をイラつかせるという。

また、バックフォグは対向車のハイビームと違い、不満を相手に伝える手段がないのも腹立たしさを加速させる。先行車に意思を伝える手段はパッシングくらいしかないが、おそらく気づかないだろう。バックフォグの乱用に対しクレーム付ける「ルール」を作らなければならない?

そもそもフォグランプもバックフォグも、使い方を教えていないのに装備されている時点でおかしい。皆さんフォグランプの使い方、教習所で習いましたか? 免許更新の講習会で受けましたか? クルマを買うとき、ディーラーで教えてくれましたか? 全て「いいえ」だと思う。

正しい使い方が解らず、しかも乱用は他のクルマに迷惑を掛ける(目くらましになるため危険ですらある)装備そのものからしておかしいと考える。なかにはフォグランプを点けた方が明るいため安全だと判断してる人もいるほど。少なくとも警察は乱用しているケースをチェックし、取り締まるべきだろう。

フォグランプは視界不良時に使うもの

フォグランプ正しく使えてますか?

ということで、フォグランプの正しい使い方を紹介しておきます。

フォグランプもバックフォグも、使用目的は文字通り「霧」(フォグ)に代表される視界不良時のためのもの。具体的にはバックフォグであれば、霧や激しい雨などで先行車のテールランプが見えにくくなったような状況で使うもの。

フォグランプも同じ。霧や豪雨などで対向車の接近確認が難しくなったような時に点灯することにより、自分の存在をアピール出来る。ここまで読んだら解る通り、基本的にフォグランプは自分の視界を良くするためで無く、他車に自車の存在をアピールするために使うものです。

「ラリー車などで夜間の視界を確保するために使われるのはフォグランプじゃないのか?」と思うかもしれない。ラリー車に使われるのは”補助灯”。霧の時に使うので無く、ヘッドライトの光量が十分出ないときのためのもの。手前を照らすのは”ドライビングランプ”。遠方用を”スポットライト”と呼ぶ。

いずれにしろフォグランプを必要な時以外で使うのは絶対止めて欲しい。電力使用量を増やして燃費を悪化させるだけで、何のためにもならない上、他のクルマに迷惑を掛けるだけだ。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スズキ スイフト の関連編集記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連編集記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR