ジムニーがベンツに大変身!? ジムニーベースのびっくりカスタム3選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
現行ジムニーは2017年にデビュー。以来、未だに数ヶ月単位の納車待ちが発生するほど人気を博している。もちろん素の状態でも十分にカッコいいのだが、人気車種なだけに「カスタムしたい」という人も数多くいる。今回はびっくりカスタムを施したジムニーをご紹介!
目次[開く][閉じる]
  1. ジムニーがメルセデスに変身!?
  2. 初代ジムニーが蘇った!? レトロカスタムに注目
  3. 軽バンがジムニーに!? その名もジムリィ

ジムニーがメルセデスに変身!?

軽自動車やコンパクトカーなど、比較的小さなクルマのカスタマイズを得意とするAERO OVER。今回はメルセデス・ベンツ Gクラスにソックリに大変身をはたしたジムニーG62Sだ。

じつはフロントグリルや前後バンパー、フェンダー各種、サイドモールなどホンモノのGクラスを徹底的に研究し、製品化に至ったという。

元々メルセデス・ベンツ Gクラスのノーマルグレードは横ルーバーのグリルを採用。だが、G62Sのお手本となったGクラスのAMGモデル、そのためホンモノ同様に縦ルーバーを採用するほど。

しかもアンダーガードやリフレクターの位置までも徹底歴にホンモノと意識して作り込んでいるという。

>>細かい箇所までソックリ! ホンモノのGクラスと写真で比較

初代ジムニーが蘇った!? レトロカスタムに注目

ジムニーのカスタムといえばアピオというほど、根強いファンがいるアピオと、さまざまなカスタムかーを手がけるダムドがコラボして誕生したのが、the ROOTS(ザ・ルーツ)。little B.(リトルB.)だ。

ベースはもちろん現行ジムニーで、前者は初代モデルを彷彿とさせるフロントフェイスが特徴だ。対する後者は1960年代に登場したフォード 初代ブロンコをモチーフにしている。

>>サビ塗装に注目! 初代ジムニー&ブロンコと写真で比較

注目はあえてサビているかのようなペイントを施している点で、新車ながらまるで旧車のような渋さが自慢だ。

軽バンがジムニーに!? その名もジムリィ

最後にご紹介するのはハイエースやキャラバンをベースにしたキャンピングカーを数多く手がけるTスタイルオートセールス。コチラが提案するのはスライドドアのジムニーだ。

ん? 思った人も多いはず。そう、このモデルのベースとなっているのは軽自動車のエブリィで、その名もジムリィなるクルマだ。

スズキ通を自認する筆者もジムニーと見間違うほどの完成度である。それもそのはずで、フロントフェイスはジムニーの純正パーツがきれいに収まるようデザインされている。その結果、ジムニーの純正フロントグリル、フロントバンパーネット、フロントウインカー、サイドウインカー、ウインカーバルブの装着を実現しているのだ。

それもそのはずで、フロントフェイスはジムニーの純正パーツがきれいに収まるようデザインされている。その結果、ジムニーの純正フロントグリル

>>コレは素直にいい! ジムニー顔のエブリィの全貌がコレ

3ドアモデルしかないジムニーに使い勝手の面で不満を持っている方にピッタリの一台だ。

今回はジムニーのカスタムモデル3台をご紹介したが、ご覧の通り一台のクルマで、これほどまでにバリエーションがあるのは、さすがジムニーといったところ。数ヶ月以上の納車待ちも納得だ。

ノーマルのジムニーも十分カッコいいが、「他人と差別化したい」「好きなパーツで自分だけのジムニーが欲しい」などという方には、ご紹介したカスタムをぜひ参考にして欲しい。

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円187.6万円
中古価格:
15万円416万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる