新型ハスラー、ジムニーの影響はゼロ!? |スズキ ハスラーデザインナーインタビュー【外装編】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2019年のクリスマスイヴにデビューしたスズキ 新型ハスラー。大ヒットとなった初代モデルとそれほど大きく変わってないようにも見えるが、その意図とは何か? エクステリアを手がけた長田宏明さんに開発のウラ話を聞いてみよう!

>>妥当ハスラー? 協力なライバルたちはコレ!

目次[開く][閉じる]
  1. 初代ハスラーは累計47万台の大ヒット! 2代目に課せられた使命は?
  2. 新型ハスラーは正常進化じゃないってガチ!?
  3. ジムニーの人気も影響してカクカクボディに?
  4. 最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

初代ハスラーは累計47万台の大ヒット! 2代目に課せられた使命は?

まずは新型ハスラーのエクステリアデザインを手掛けた長田氏に、そもそもハスラーが生まれた理由から尋ねた。

初代ハスラーが誕生したのは2013年。開発主査の竹中氏も言っていた通り、それまでスズキのお店には実用的なクルマはあっても、ワクワクするクルマが一台もなく、せっかくワゴンRがあるのだから、それをベースに楽しくなるようなクルマを作ろうというところから始まったという。当初はこれほど売れるとは思っていなかったので、周囲からあまり期待もされていなかったんです(笑)。と意外な回答が返ってきた。

だが、蓋を開けてみば2013年~2019年11月までコンスタントに月販5000台を売る大ヒット。それだけに設計やデザインなど開発メンバーはハスラーらしさを追求していったという。

新型ハスラーは正常進化じゃないってガチ!?

10月に開催された東京モーターショー2019でお披露目したハスラーコンセプトの反響はかなり大きかったものの、「それほど変わってないのでは?」との意見もあったが、新型はどうのようにデザインをしたのだろうか。

ハスラーはスズキの屋台骨を支える一台にまでヒットしたからこそ、新型のデザインにはかなり気を遣ったという。長田さん曰く、最終形までにかなりの苦労あったという。というのも、初代ハスラーにこだわりすぎないために、ハスラーってそもそも何? と0から設計。

ここまでして考え抜いたのは、軽自動車とSUVのクロスオーバーの先駆けがハスラーであるというプライドもあったからだ。

デザインのキーワードはアウトドア!

開発を進めていく上で重要なキーワードとなったのは“アウトドア”。初代ハスラーはアウトドアユーザーに向けたクルマでもあったのだ。初代が登場した2013年当時と消費者が考えるアウトドアの概念が変わっていたことに気づいたという。どういうことか。

アウトドアといえば、準備をして郊外に出かける。もちろんその際には、アウトドアグッズを着込んだり、身に着けたり……。 だが、現在はファッションとして普段からマウンテンパーカーなどを着用するなど、普段の生活にアウトドアグッズが馴染んでいるというポイントに注目。

ハスラーもそんな生活に馴染みながらも、おしゃれにかつタフに使ってほしいとデザインをされているのだ。

ジムニーの人気も影響してカクカクボディに?

一部ネットなどでは、ジムニーを意識してカクカクボディになったのでは? との意見もあるが、やはり意識をしたのだろうか。

先にも述べた通り、新型ハスラーはアウトドアグッズなどタフなモノからのインスピレーションを受けデザイン。一方のジムニーは、オフロード愛好家はもちろん、農林業を営む方などが使うプロの道具として、機能優先で設計している。デザインの入り口は異なるが、結果的に同じテイストになったという。

初代ハスラーが累計47万台とヒット作なだけに、新型の開発はかなり難航したそうだが、それだけにデザインの完成度はかなり高い。ぜひ店頭で実際に見てもらいたい。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円174.7万円
中古価格:
46.6万円1,367万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる