ライバルは再び周回遅れだ! 新型レヴォーグ搭載「アイサイトX」は+35万円の価値ありな超絶・高度先進運転支援機能だった

  • 筆者: 嶋田 智之
  • カメラマン:小林 岳夫・SUBARU
画像ギャラリーはこちら

スバルを代表する先進運転支援技術「アイサイト」が、新型レヴォーグのフルモデルチェンジと共に大幅バージョンアップを遂げた! ベースとなる新世代アイサイトの進化も凄いが、今回はその上位版となる「アイサイトX」のスゴ技をご紹介! 再び他社を周回遅れに追い込んだ驚きの高度運転支援システムの全容を、モータージャーナリスト嶋田 智之のアツいレポートでご紹介する!

>>アイサイトXがすごすぎる!? バージョンアップした新型レヴォーグを画像でチェック

高度運転支援システム「アイサイトX」を支える数々の新技術

高精度地図や全画面液晶メーター、ドライバーモニタリングシステムなど多数の新アイテム

前回は新型レヴォーグ全車に搭載されるスバルの新世代アイサイトについてご紹介したが、今回はその上位版、高度運転支援システムというべき「アイサイトX」についてレポートする。

アイサイトXの充実ぶりは、実際にテストコースで体験してみて、おおお……と唸らされるものだった。

こちらはアイサイトの仕組みに加え、準天頂衛星をも利用したGPS情報と高精度地図データを活用して、主に自動車専用道路でアダプティブクルーズコントロールをONにしているときのアシスト機能をグッと高めたものだ。

具体的には3D高精度地図ユニット、アイサイトXの作動状況を解りやすく表示できる12.3インチのフル液晶メーター、運転者の動きを観察するドライバーモニタリングシステム、操舵の様子を高精度で検出するステアリングタッチセンサーといったデバイスが追加されている。

大歓迎! ハンズオフ機能の採用で渋滞時の負担が大幅に軽減する!

これらの新アイテム投入によって、アイサイトXでは「渋滞時ハンズオフアシスト」と「渋滞時発進アシスト」が可能になった。

ハンズオフは高性能地図データの中に登録されている道を時速50キロ以下で走るときのみ可能になるのだが、手放しでも自分の車線の中を全くフラつくことなく走るし、前走車に合わせての加減速もかなりスムーズである。

しかも、前走車が停止すれば自分のクルマも停止するというのはもちろんだが、前走車がスタートすればスイッチ操作もペダル操作も何もせずとも黙ってスタートし、自然に加速していくのだ。停止、発進、停止、発進。その繰り返しを当たり前のように、黙々とこなしてくれる。

つまり時速50キロ以下では完全なハンズフリー走行が可能、というわけだ(もちろん、ドライバーモニタリングシステムによりドライバーがよそ見などすると解除される)。

クルマを運転するのは好きだけど、渋滞の中で運転するのは嫌だ、という多くのドライバーに感涙モノといえる機能だろう。

渋滞や車線変更、カーブ前も安心できる

「アクティブレーンチェンジアシスト」も、かなり有効な機能だと思う。

簡単にいうなら、ウインカーを操作するとクルマがステアリングの制御を行って自動的に車線変更をしてくれるもの。

その際には移動しようとしている側の後方に別のクルマがいるかどうかを確認して、そのクルマが近づいてきてるなら車線を変えずに待機、そのクルマが自車を追い抜いていった後に車線変更を開始する、という流れだ。

車線変更が苦手な人に嬉しい機能であるのはもちろんだけど、ベテランであっても疲れてるときには確認ミスをおかしがち。助けられることもあるだろうと思う。

ACCの「ここが改善されればな」を実現! カーブ前速度制御・料金所前速度制御に注目!

「カーブ前速度制御・料金所前速度制御」もなかなかのものだった。例えば時速100キロで走行してるとき、高精度地図ユニットが時速70キロの通過が適切と捉えている急カーブのコーナー。

あるいは、時速20キロ以下の通過速度が推奨される料金所のETCブースに差し掛かると、アイサイトの前車追従機能付きクルーズコントロール(ACC)をセットしたままにしていても、適正な速度にまで自動的に減速をしてくれるのだ。

そしてそこをクリアすると、自動的に設定した速度へと回復する。その加減速の様子はとても自然。違和感らしい違和感を覚えさせないところにも感心させられた。

これで救われる命がある! 「ドライバー異常時対応システム」の素晴らしさに感服

自動通報サービス「ヘルプネット」などとも連動

最も感服させられたのは何かといえば、「ドライバー異常時対応システム」だった。その名のとおり、ドライバーが急病などで操作不能となった場合に、クルマを減速・停車させて事故のリスクを下げようという機能だ。

例えばアクティブクルーズコントロールで巡航しているときにステアリングを保持しない状態が続いたり、渋滞時ハンズオフアシストで走っているときにドライバーモニタリングシステムが異常を検知したりすると、まずは警告音で反応をうながす。

その時に反応がなければハザードランプを点滅させながら減速に移り、時速30キロ程度まで車速が落ちると断続的にホーンを鳴らすことで周囲に警報を与えながら車線内に停止させる、という流れだ。

どこかのタイミングでドライバーがステアリングに触れれば機能は中断できるし、またコーナーの途中で作動がスタートした場合には直線に入るまでは車両を停止させない配慮もある。この流れで自動停止した場合や車両が大きな衝撃を受けた場合には、コネクティングシステムを通じた緊急通報システムが稼働する。

僕は綺麗サッパリ意識がある状態で運転席に座って停止するまでを試したのだが、一連の流れの実にスムーズなこと! これで救われる命がいくつもあるのだ、ということが充分に予想できる体験だった。

これだけの超絶高機能が大画面縦型モニターナビとセットで35万円+税なら絶対に装備すべきだ

そしてこれも最も大切なことのひとつなのだけど、スバルがツーリングアシストと呼ぶ加減速とステアリングアシストを自動的に行うアダプティブクルーズコントロール。その動きがかなり自然で滑らかなものであることにも触れておくべきだろう。

特に車線の中央をキープするために介入してくるステアリングの制御も、だいぶムリヤリ感のない滑らかなものに感じられた。

ちなみにアイサイトXは、新型レヴォーグの3つの全グレードに+35万円(税抜)のオプションとして設定される。けれど今回あれこれとテストコースで体験してみて、可能であるならエクストラコストを支払ってでも備えるべき、と感じさせられた。

安全を得るためのこれだけの機能が大画面縦型モニターや高精度ナビ、液晶メーターなどとのセットで35万円というのは、間違いなくバーゲンプライスだと思うから。

スバルはこのレヴォーグを皮切りに他のモデルにも新世代アイサイトとアイサイトXを導入していくことになるのだろうけど、とりわけ世界でもトップレベルの領域にあるといっていい高度先進運転支援機能は、しばらくの間は充分なアドバンテージになることだろう。

(続く)

[筆者:嶋田 智之/撮影:小林 岳夫・SUBARU]

次回、新型レヴォーグの進化はアイサイトに留まらない! 一足飛びにバージョンアップを遂げたスバルの新世代インフォテインメントシステムについてご紹介する。記事は2020年8月29日(土)の公開予定。お楽しみに。

■高度運転支援システム「アイサイトX」を動画で体験【SUBARU】

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円576.4万円
中古価格:
74.9万円690.4万円

新型レヴォーグ STI Sport EXの主要スペック

スバル 新型レヴォーグ STI Sport EX

グレード名

STI Sport EX

全長×全幅×全高

4755mm×1795mm×1500mm

ホイールベース

2670mm

駆動方式

AWD

車両重量

1580kg

乗車定員

5名

エンジン種類

水平対向 4気筒 1.8L 直噴ターボ(DIT)

総排気量

1795cc

エンジン最高出力

130kW(177PS)/5200~5600rpm

エンジン最大トルク

300Nm(30.6kg・m)/1600~3600rpm

トランスミッション

リニアトロニックCVT

使用燃料

レギュラー

燃料消費率(JC08モード燃費)

16.5km/L

燃料消費率(WLTCモード燃費)

13.6km/L

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

嶋田 智之
筆者嶋田 智之

本人いわく「ヤミ鍋系」のエンスー自動車雑誌、『Tipo』の編集長を長く務め、スーパーカー専門誌『ROSSO』の総編集長を担当した後、フリーランスとして独立。2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。自動車イベントではトークのゲストとして声が掛かることも多い。世界各国のスポーツカーやヒストリックカー、新旧スーパーカー、世界に数台の歴史的な名車や1000PSオーバーのチューニングカーなどを筆頭に、ステアリングを握ったクルマの種類は業界でもトップクラス。過去の経歴から速いクルマばかりを好むと見られがちだが、その実はステアリングと4つのタイヤさえあるならどんなクルマでも楽しめてしまう自動車博愛主義者でもある。1964年生まれ。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる