autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート やはり最新のポルシェは最良なのか?!|ポルシェ 新型911 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2019/3/14 18:51

やはり最新のポルシェは最良なのか?!|ポルシェ 新型911 海外試乗レポート(2/2)

Text: 島下 泰久 Photo: ポルシェ
ポルシェ 新型911 カレラS
ポルシェ 新型911 カレラ4Sポルシェ 新型911 カレラ4Sポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS画像ギャラリーはこちら

コントロール性の高いフットワークとパワフルなエンジン

では肝心の走りはどうか。一般道では、ボディの剛性感が際立って高く、それを土台にサスペンションがよく動いて、至極快適な乗り心地を堪能できる。スプリングレートは高められているから姿勢はフラットなのに、このしなやかさ。刷新された電子制御式ダンパーがいい仕事をしている。下手なセダンに乗るよりよっぽど快適なほどだ。

最高出力を420psから450psへと引き上げた水平対向6気筒3.0リッターツインターボエンジンも、低速域から分厚いトルクを発生し、8速PDKとのマッチングも上々。クルージングも追い越しも余裕に満ちている。

ポルシェ 新型911 カレラS

ワインディングロードでは、スタビリティが非常に高く、おかげでレスポンスに優れたステアリングを自信をもって切り込んでいくことができた。ステアリングギア比はノーマルで約11%、試乗したリアホイールステア付きでは6%速められているが、いたずらにクイックになっているわけではなく、911らしい味わい、正確性は何ら変わっていなかった。

PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメント)と呼ばれる4輪駆動システムを採用するカレラ4Sは、比較すると鼻先がやや重いかなという気もしたが、その分コーナー立ち上がりの安定感は抜群で思い切って踏んでいける。しかしながらカレラSも、意を決して踏み込んだところで姿勢が大きく乱れるわけではなく十分な安定性を持っているから、個人的にはカレラSで十分満足できそうと感じた。

ポルシェ 新型911 カレラS

一般道の後は、新搭載のウェットモードを水を撒いたショートコースでテストした。ホイールハウス内のセンサーで路面が濡れているのを検知してドライバーに警告。オンにするととPSM(車両姿勢制御装置)、PTM(4WDシステム)、空力などの設定が切り替えられ、アクセルの反応も穏やかになってウェット路面での安定した走行が可能になるこのシステムは、なるほどスピンしそうになって急に介入して止めるのではなく、自然に挙動を安定させる。車重が比較的軽く、ホイールベースが短く、タイヤの太い911のようなクルマにとってウェット路面は神経を遣うものだが、雨の多い日本では特に、日頃の安心感が大幅に増すことは間違いない。

ポルシェ 新型911 カレラS

そして、いよいよサーキットでのテスト。ここではカレラSだけを試すことができた。実用域の力強さが印象的だったエンジンは高回転域でも勢いが衰えることなく、7500rpmまで淀み無く吹け上がりパワーを炸裂させる。SPORTモード、SPORT PLUSモードでの8速PDKの変速の速さ、ダイレクト感も申し分無し。一方、新素材ペダルと電動ブースターを採用した新しいブレーキシステムは短いストロークと素晴らしいコントロール性を実現しており、減速すらも気持ち良い。

そして、コーナリングではまさにステアリングを切った通りに向きが変わり、立ち上がりでは強力なトラクションによって後ろから蹴飛ばされたかのような加速を堪能できる。限界高く、しかもそれを越えた先のコントロール性も高いフットワークに、サーキットを心ゆくまで楽しむことができたのだ。

解りやすい変化ではなく、全方位での確実な進化を果たしていたというのが、新型911カレラS/カレラ4Sの試乗を終えての印象である。しかも、その進化の幅、跳躍ぶりは尋常ではなく、試乗後には圧倒されたような気持ちになった。

つまりこれ、911にとっては王道的なモデルチェンジだと言っていいだろう。期待が裏切られることはない。しかし想像ははるかに超えていた。楽しみな日本上陸は、2019年夏頃になりそうである。

[筆者:島下 泰久/撮影:ポルシェ]

ポルシェ 新型911 カレラ4S
筆者: 島下 泰久

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR