autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート やはり最新のポルシェは最良なのか?!|ポルシェ 新型911 海外試乗レポート

試乗レポート 2019/3/14 18:51

やはり最新のポルシェは最良なのか?!|ポルシェ 新型911 海外試乗レポート(1/2)

Text: 島下 泰久 Photo: ポルシェ
ポルシェ 新型911 カレラ4S
ポルシェ 新型911 カレラ4Sポルシェ 新型911 カレラ4Sポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS画像ギャラリーはこちら

全グレードでワイドボディ化したタイプ992

新型ポルシェ911カレラS/カレラ4Sは、911としては通算7世代目となる。1963年のデビュー以来、スポーツカーの定番として君臨してきた911は、新型でも誰もがすぐに911と解るスタイリング、水平対向エンジンを車体後部に積み主に後輪を駆動するレイアウトといった基本を踏襲しながら、飛躍的なまでの進化を果たしている。

現時点では素のカレラもマニュアルギアボックス仕様も発表されておらず、今回、スペイン ヴァレンシアでステアリングを握ったのは、911カレラSと911カレラ4Sの、いずれも8速PDK仕様に限られた。試乗の拠点はヴァレンシア サーキット。ここで待ち構えていたタイプ992と呼ばれる新型は、先代タイプ991と較べても格段に力強さを増して見えた。

新型911を写真でチェックする

実際、新型911はプロポーションが微妙に変化している。従来は4WDのカレラ4系のみに使われていたワイドなリアフェンダーが2WD含む全車に採用され、それに合わせてフロント側ボディも幅が広げられ、更にそのフェンダーの内側には前20インチ/後21インチという大径のタイヤ&ホイールが収められた。全長はわずかに20mm伸びているがホイールベースは変わらず。おかげで、まるで非常に低く、そしてワイドな感覚が強調されているのである。

ポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS

実はこのボディ、単にワイド化されただけではなく完全新設計とされている。特筆すべきはアルミ比率が従来の30%から70%まで大幅に増やされたことで、軽量化、高剛性化が一層進められた。

ディテールも、やはり肉食感が強調されている。フロントバンパー下の開口部は大幅に拡大され、テールランプからバンパーにかけてのラインも更にボリュームを増した。実はフロントの開口部内にはフラップが仕込まれ、面積を拡大した格納式リアスポイラーと連動して走行状況に応じて自動的に開閉して、冷却性能とダウンフォースを常に最適化させる。つまりこれ、機能に裏打ちされたデザインというわけである。

ポルシェ 新型911 カレラS

先代のスタイリングは繊細で、どこか63~73年のナロー911を想起させたのに対して、新型はフロントのフェンダーやボンネットとバンパーの繋ぎ方などに74年以降のGモデル、いわゆるビッグバンパーモデルの雰囲気を漂わせる。かつてのリフレクターの代わりに左右のテールランプをLEDストリップで繋いだテールランプも、未来的な一方でまさにこの70~80年代の911へのオマージュなのだ。

インテリアも同様に、機能とデザイン、歴史とハイテクが巧みに融合された魅力的な空間となっている。中央の回転計がアナログのまま残され、その左右に7インチTFTモニターを配置したデジタルメーターパネルは、左右画面に車両情報や地図など詳細な情報を表示できる一方、普段は空冷時代の911のような5連メーター表示とすることができる。大型タッチスクリーンを採用したPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)に合わせて水平基調とされたダッシュボードのデザインも、往年のファンにとっては懐かしい感じ、すると思う。歴史が長く、内外装ともモチーフとなる引き出しも多い911だが、何よりその活かし方のセンスがいい。

ポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR