賛否両論! これはエクストレイルじゃない!? 日産ファンが大議論する新型X-TRAILはどのあたりが「らしくない」!?

画像ギャラリーはこちら
2020年6月15日、北米で発表された新型エクストレイル(北米名「ローグ」)はグッと質感をあげたスタイリッシュさで話題を呼びました。いっぽうで一部のX-TRAILファンからは「こんなのエクストレイルじゃない!」の声も。果たしてどのあたりが「らしくない」のでしょうか。

>>高級過ぎるエクストレイル! どこがどう「らしくない」のかを画像でも見てみる!

目次[開く][閉じる]
  1. X-TRAILファンが新型を見て戸惑ってしまういくつかの理由
  2. なにこの高級感! 日本仕様の新型エクストレイルはどうなる!?
  3. 議論のアツさは新型エクストレイルに対する期待の裏返しなのだ

X-TRAILファンが新型を見て戸惑ってしまういくつかの理由

日本よりもはるか先に北米で発表したのはなぜ!?

日本よりもひと足お先に北米で発表された新型エクストレイル。これで4代目モデルとなりますが、日産ファンとしては日本よりも先に海外で発表されることに複雑な想いを持つ人も少なくない模様。

世界的なSUVブームの中で、中国と並び最もSUVが売れるアメリカでは、特にエクストレイルが属するミッドサイズクラスが人気の中心となっています。そのためライバルとなるトヨタのRAV4やホンダCR-Vもやはり同様に、日本よりもはるか先に新型を北米で発表しているのです。

スタイリッシュなエクステリアデザインに戸惑いの声

新型エクストレイルは、スタイリッシュさと上質さを兼ね備えたフォルムと、個性的なフロントマスクの組み合わせが特徴。そんなスタイリングについても、SNSを中心に議論の的となっているようです。議論というよりは「戸惑っている」というのが正しいかもしれません。

思えば初代、2代目と続いたスクエアでゴツいフォルムは、日産の“タフギア”推しな宣伝訴求ともマッチしていて、日本で販売台数を伸ばした経緯があります。現行型の3代目エクストレイルがスマートなデザインに生まれ変わり登場した際にも「らしくない」論が噴出していましたが、一時はSUVカテゴリーの販売台数NO.1となるなど、結果としてエクストレイルの人気は持続していました。

なにこの高級感! 日本仕様の新型エクストレイルはどうなる!?

そして何よりも日産ファン、そしてエクストレイルファンが驚いたのがインテリアでした。なにこの高級感! 少なくとも、海に山にと遊びのギアとしてガンガンに使い倒す雰囲気…じゃなさそうです。僕らのタフギアはどこへ行った!?

実は現行型の3代目エクストレイルでもすでにその兆候がありました。

日本仕様の3代目エクストレイルは、初代、2代目同様に防水加工を施したシートやフロア、ラゲッジボードの独自仕様でタフギアの面目を保っていました。しかし北米など海外モデルでは上質な布シートとカーペットフロアの組み合わせで、ファミリー層などに訴求する仕様となっていたのです。

4代目の日本仕様も、3代目同様に造り分けてくれるのか、それとも日産の厳しい財政状況がそれを許さないのか。日本仕様の姿はまだ見えませんが、エクストレイルファンにとっては期待半分、不安半分といったところでしょう。

議論のアツさは新型エクストレイルに対する期待の裏返しなのだ

いかがでしたか。色々と議論はあるものの、それは大いなる期待の裏返し。なんだかんだと言われつつも、3世代に渡りファンから支持され続けてきた証しと言えます。いずれにせよ、新型エクストレイル登場が今か今かと待ち遠しいという日産ファンは多いはずです。

さああなたは新型をどう思いますか。コメント欄への書き込みもぜひお待ちしております!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる