autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 セレナe-POWERは人気のMクラスミニバンに遅れてやってきたハイブリッドの大本命か

新型車リリース速報 2018/3/2 10:28

セレナe-POWERは人気のMクラスミニバンに遅れてやってきたハイブリッドの大本命か

関連: 日産 セレナ Text: トクダ トオル(オートックワン編集部) Photo: 島村 栄二・NISSAN
日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>
日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>画像ギャラリーはこちら

セレナのフルハイブリッド”e-POWER”はクラスTOPの低燃費26.2km/L

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

人気ミニバンの日産 セレナに”本格的な”ハイブリッドモデル「セレナe-POWER」が追加された。クラスTOPの低燃費26.2km/L(JC08モード燃費)を誇る。価格は296万8920円から340万4160円まで。

セレナにはこれまでもSハイブリッド(スマートシンプルハイブリッド)という名称の簡易な”マイルド”ハイブリッドの用意はあった。しかし本格的な”フル”ハイブリッドを持つ他社ミニバンに比べ燃費性能は明らかに劣り、最大でも17.2km/L(JC08モード燃費)。これはライバルのノーマルガソリンモデルとほぼ同等という数値だ。

全長約4.7m、全高1.8m超、車重約1.7トンという8人乗りの巨大な箱型ボディだから、17.2km/Lでも十分に低燃費だが、ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッドは25.0km/L、トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイアハイブリッドは23.8km/Lと、それぞれJC08モード燃費で20km/Lを大きく超え、コンパクトカー並みの数値をたたき出しているのも現実だ。

ちなみにオートックワンの人気記事カテゴリのひとつである「燃費」コーナーでも各モデルを実測していて、ステップワゴンスパーダハイブリッドの実燃費は19.7km/L、ヴォクシーハイブリッドの実燃費は18.2km/L(※夏季に計測)をそれぞれ記録している。そしてセレナSハイブリッドで測った実燃費はといえば、13.9km/Lに留まっていた。

というワケで、ちょっと遅れてやってきたセレナのフルハイブリッドモデル、セレナe-POWER。2018年2月28日水曜日、月末の横浜・日産グローバル本社ギャラリーにて発表イベントが行われたので、その模様をお届けする。

<こちらも併せてチェック!>

ミキティとフジモンが“家族史上、最高”セレナe-POWERのデビューを祝福[発表会レポート]

日産が誇るEV(電気自動車)技術を最大限に有効活用

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWERをプレゼンする日産自動車 専務執行役員(日本事業担当) 星野 朝子氏<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>左から、日産自動車 専務執行役員(日本事業担当) 星野 朝子氏、お笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史さん、 タレントの藤本美貴さん、日産自動車 日本マーケティング本部 チーフマーケティングマネージャー 町田 修一氏<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

発表会に登壇した日産自動車の専務執行役員(日本事業担当) 星野 朝子氏は『e-POWERは2016年秋に新型ノートへ初搭載され、以来爆発的なヒットを続けている』と紹介。標準モデルでは2.0リッターエンジンのセレナだが、セレナe-POWERではそのノートe-POWERと同じ直列3気筒の1.2リッターというかなり小排気量なパワートレインが搭載される。しかもエンジンは直接駆動させず、バッテリーへ電気を蓄えるための”発電機”としてのみ使われ、バッテリーからの電力でリーフ由来のモーターを駆動させる仕掛けとなっている。

星野氏はe-POWERの採用で『電気自動車同様のストレスないスムースな走りや静粛性、ワンペダルの「e-POWER Drive」で、誰をも魅了する感動の走りが実現した』と強くアピール。ミニバンのフルハイブリッドでは最後発となったが、むしろセレナe-POWERは最先端を行く技術であることを暗に示していた。

また、星野氏が『セレナユーザーの2台に1台が選んでいる』と胸を張ったプロパイロット(高速道路 同一車線自動運転技術)も同様にセレナe-POWERにも設定される。EV技術と自動運転技術という、いま日産が最も推す2つの先進性を兼ね備えるモデルとなった。

セレナe-POWERの先進技術や価格情報、ライバル車との比較など、詳細がもっと気になる方は、渡辺陽一郎さんの新型車解説でじっくり紹介しているから併せてチェックして欲しい。

<こちらも併せてチェック!>

日産 セレナe-POWER最新情報|セレナ初のフルハイブリッド、気になる燃費や価格を徹底評価[新型車解説]

初の公道試乗で実感! セレナe-POWERが手に入れたのは燃費性能だけにあらず

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

発表会場では試乗車も用意され、横浜・みなとみらい地区を発表されたばかりのセレナe-POWERで周回することが出来た。

セレナe-POWERには、ドライブモード切替スイッチが備わる。

ノーマルのほかにSモード(スポーツではなく”スマート”モード)とECOモードを用意。ノートe-POWER同様の特色だが、SとECOはアクセルを戻した際の回生ブレーキを強めにかけることで、”ワンペダル”の加減速も可能となっている。

さらに面白いのがチャージモードとマナーモードの存在。チャージモードで積極的に充電し、深夜や早朝の住宅街などでは”マナーモード”で静かに走ることが出来る。要はEV走行モードなのだが、e-POWERといい最近の日産はネーミングの仕方が上手い。ちなみに9割の充電が完了した状態で、EV走行は約2.7km出来るとのことだった。

ごく短時間のドライブだったが、思った以上に”発電機”の音も抑えられていて静かだなあ、が第一印象。アクセルを踏み込めば静かにぐいぐいと走る感覚が心地良い。まさにEVのリーフに近いフィーリングが得られ、なかなか楽しい。

これまでのセレナSハイブリッドはその点、燃費への配慮もあってか出足は特にゆったりした性格だったから、燃費以上に実は走りの性能向上こそがe-POWER化の大きなアドバンテージなのでは・・・と感じた。

見晴らしのよさや開放感は歴代セレナの美点

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

今回のe-POWER追加とは関係ないことだが、従来モデル、いや先代・先々代セレナの頃から乗るたびに感心することがある。それは左右・前方の窓がみなとても大きく開放的なところ。

日産が以前より搭載し進化を続けるアラウンドビューモニターももちろん便利だが、そもそもの視界性能もとっても大事で、着座位置の高さと相まって、大きな車体を感じさせない取り回しの良さを実感させてくれる。実はこれ、ライバルモデルに勝るセレナの美点だと思う。

またドライブなどでの見晴らしも前席・後席とも抜群だから、景色の良いところを走るのも気分が良いという効果も。

もちろん背が高いことは走りの面では決してプラスではないが、グラついたりドタバタする感じも従来モデルより軽減されている印象。バッテリーが追加され車両重量も増したが、重心が低くなり、従来型より足回り自体も強化・改善されたことが功を奏しているようだ。

走りの快適度も増した開放感あふれるセレナe-POWERで、家族と海へ山へといっしょに出かけたら、さぞや楽しいドライブになるだろうなあ・・・思わずそんな想像もしてしまうのだ。きっと全国の日産ショールームでも多くのユーザーにそう想わせるからこそ、セレナはファミリー層を中心に根強い支持を集め続けているのだろう。

e-POWER化で失ったのは乗車定員数|8名乗りは設定なしで7人乗りキャプテンシート仕様のみ

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

さてここで、従来モデル(もちろん今後も併売される)のSハイブリッドモデルとe-POWERの違いを確認しておこう。

まずもっとも大きな違いは、乗車定員が異なること。Sハイブリッドが8名乗車なのに対し、セレナe-POWERは今のところ7人乗り専用の設定だ。

セレナSハイブリッドモデルは、3人掛けの2列目シートを3分割し、中央部分の細長いところだけ前後に大きくスライドさせる「スマートマルチセンターシート」という機能がある。前に寄せれば運転席・助手席間のセンターアームレスト兼小物入れに。その際に2列目中央部に空間が出来るから、2列目と3列目のウォークスルーがそれぞれ出来るという、実用性重視なシートアレンジが可能となっている。

これに対し新しいセレナe-POWERは、運転席と助手席の床下に1.8kWhのバッテリーを収め、左右席の間にはコンソールトレイが備わるため、スマートマルチセンターシートが成立しない。標準車との差別化要素もあってか、セレナe-POWERの2列目シートには、全モデルとも左右独立・左右アームレスト付きのキャプテンシートを初採用した。そのため乗車定員は7名となる。

15インチの専用エアロアルミホイールが全車標準だが、大径ホイールの設定はなし

日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>日産 新型セレナe-POWER<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>

外観上は、e-POWER専用のブルーアクセントが各所に加わるほか、専用外装パーツも装着される。さらに空気抵抗にも配慮したe-POWER専用の15インチエアロアルミホイールも全車につく。

ただしエアロパーツなどが備わる人気のハイウェイスターシリーズや、新設されたばかりのプレミアムスポーツカスタム”e-POWER AUTECH”でもタイヤサイズは15インチのまま。ボリューム感を増したボディに対してちょっと足元が寂しく見えるのも確かだ。Sハイブリッド系のハイウェイスターでは16インチ、同じくSハイブリッド系のセレナ NISMOやAUTECHでは17インチの設定もある中、燃費性能にこだわるe-POWER系では採用が叶わなかったよう。

確かにタイヤの大径化は燃費への影響も大きい。しかし前述の通り、e-POWER化で低燃費のみならず、楽しい走りを生み出しているのも事実。いまのところ設定がないスポーツカスタム「セレナe-POWER NISMO」の追加にも期待したいところだ。

[Text:トクダ トオル(オートックワン編集部)/Photo:島村 栄二・NISSAN]

セレナe-POWERの主要スペック

セレナe-POWERの主要スペック
ハイブリッド(e-POWER)
グレードセレナe-POWER ハイウェイスターV
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション
価格(消費税込)3,404,160円
JC08モード燃費26.2km/L
全長4,770mm
全幅(車幅)1,740mm
全高(車高)1,865mm
ホイールベース2,860mm
乗車定員7名
車両重量(車重)1,760kg
エンジン直列3気筒 DOHC ガソリンエンジン+ハイブリッドシステム(e-POWER)
排気量1,198cc
エンジン最高出力62kW(84PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,200~5,200rpm
モーター最高出力100kW(136PS)
モーター最大トルク320N・m(32.6kgf・m)
動力用主電池リチウムイオン電池
燃料無鉛レギュラーガソリン

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連編集記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR