3列シート版日産 ノートの噂は誤報だった!? 「NISSAN NEXT」から改めてひも解いてみる

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

日産から2020年11月24日(火)に、新型ノートがいよいよ発表された。この発表の1年前くらいに良く聞かれていたのは「ノートにスライドドア・3列シート版ミニバンの派生仕様が存在する」というまことなしやかな噂だった。その後、日産のコンパクトミニバン登場説はどうなっているのだろうか。改めて検証してみる。

>>ミニバン派生モデルはある!? 日産 新型ノートを写真でもっと見る[画像70枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日産の事業構造改革「NISSAN NEXT」で明らかにされた新型車は12車種
  2. 日本で4車種のe-POWERモデル導入を宣言! その内訳とは!?
  3. そもそも12車種の定義があいまいだった

日産の事業構造改革「NISSAN NEXT」で明らかにされた新型車は12車種

2020年12月の時点で既に9車種が発表済み

以前、日産 新型ノートについて、3列シートのミニバン派生モデルが登場するとの噂が広く流れた時期があり、MOTAでもその情報を取り扱っている。気付けばその話も、ここ最近はすっかり聞かれなくなってしまった。果たしてどうなっているのだろうか。

ノートの発表よりさかのぼること半年前の2020年5月28日、日産は事業構造改革「NISSAN NEXT」をオンライン上で発表した。ここで向こう18か月の間に、世界で12車種の新型車を市場投入することを明らかにした。新型フェアレディZ発売の計画があることが明らかになったのもこの時が初めてだった。

既にこの半年で「アリア」、「キックス」、「フェアレディZ」、「ノート」、「ローグ」(日本名「エクストレイル」だが日本仕様は未発表)、あとは今のところ日本未導入の「マグナイト」、「ナバラ」、「QX60」(現時点ではコンセプト)、「テラ」(エクステラ)の9台が発表済みだ。

そこで懸案の「ノート派生ミニバン」となるのだが…残念ながらその名前は挙がっていない。

残りの3車種は海外向けのSUVやトラックばかりか

実は残りの車種も、プレゼンの動画でアルファベットのイニシャルだけは明らかにされていた。現在の車名と当てはめると「アルマーダ」、「フロンティア」、「パスファインダー」と、どれも日本未導入モデルばかり。動画でも、明らかにSUVやピックアップトラックのシルエットで、ミニバンには見えないモデルばかりが並んでいた。

楽しみに待っている方にはガッカリな情報だが、この法則に従うと、少なくとも2021年中のノート派生ミニバン登場はない、ということになる。

日本で4車種のe-POWERモデル導入を宣言! その内訳とは!?

キックスとノート、既に2台は導入済みだ

NISSAN NEXTでは、これまであまり注力してこなかった日本市場へのテコ入れを図るとした日産。少なくとも1年1台のニューモデルを国内で発表し、さらに2023年度末までにe-POWERモデルを4車種導入する、と日産の内田社長は宣言していた。

現段階でキックス、ノートと2台のe-POWERモデルを導入済み。2021年には、e-POWER初採用の新型エクストレイルが登場する見込みだ。スポーツカーのフェアレディZにはe-POWERはないだろうから、残りは1台! となる。

ミニバンといえば気になる、次期セレナの存在

そこで気になるのが、もうひとつのミニバン「セレナ」の存在だ。現行型のデビューは2016年。2018年にe-POWERモデルが追加されているが、2022年で登場後丸6年が経過する。

先代、先々代と人気を維持するセレナは、およそ5~6年の間にフルモデルチェンジを実施してきた。次もそのサイクルで新型が登場する確率は非常に高そうだ。e-POWERも当然継続採用されるだろう。

となると、同じタイミングでまた新たなコンパクトミニバンを投入してくるとは到底考えにくく、残念ながら現段階では誤報だった可能性が高い。

あるいは、次期セレナがノートと同じ最新のCMF(コモン・モジュール・ファミリー)プラットフォームを用いて、ノートと同じ第2世代e-POWERを積むことなどから、ノート派生という情報として伝わってしまった可能性もありそうだ。

そもそも12車種の定義があいまいだった

キャシュカイにQX55と、そもそも12車種を超えるモデルが登場する現状

しかしまさかのウルトラCを思わせる事態が起きている。11月13日、2021年春に新型キャシュカイを発表すると欧州の日産が発表したのだ。13車種目の登場である。おそらくローグの兄弟車となるはずだから、1台とカウントしていなかったのだろうか。

ちなみにインフィニティが9月25日に新型QX60のコンセプトカーを発表した後の11月18日、QX55を発表している。QX60も2021年中の発表を宣言しており、すでに全く計算が合わなくなっている。もはや12車種と宣言した前提条件すら、もろくも崩れてしまうのだった。ならばまだ可能性もありそうだが…。

実態はノートの派生モデル! それとも!?

ノート派生モデルについては現在、SNS上で「ノート・オーラ」と、やけに具体的な車名まで流されている。真偽のほどは不明だが、もしこうしたサブネームがついたなんらかの仕様違い(特別仕様車!?)だとすれば、ノートファミリーの一員とカウントされてもおかしくはない。この情報に尾ひれがついて、派生ミニバンとの噂を呼んだ可能性もある。

いずれにせよ、2020年12月の段階でMOTA編集部にそうした情報は一切入ってきていないのが実情だ。2019年時点では信憑性の高そうな話題だったことを考えると、その後何らかの計画変更が行われたのかもしれない。MOTAでは引き続きこの情報について追い続けていく予定だ。

[筆者:MOTA編集部]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
229.9万円306.4万円
中古価格:
19.9万円315.6万円
日産/キューブ
日産 キューブカタログを見る
新車価格:
165万円206.8万円
中古価格:
6.5万円215万円
日産/キューブキュービック
日産 キューブキュービックカタログを見る
新車価格:
159.5万円236.7万円
中古価格:
24.8万円68.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる