日産 ノートの派生モデルはまだある!? 新型ノート NISMOと、SUVテイストの新型“ノート C-Gear” を徹底予想!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年12月にフルモデルチェンジした日産の人気コンパクトカー「ノート」。全車“e-POWER”化で価格も上昇したが、発売後1ヶ月で月販目標の2.5倍を受注し売れ行きは好調だ。追ってe-POWER 4WDや「ノート AUTECH(オーテック)」など追加され、ラインナップは拡大中。さらには「ノート オーラ」なる上級版の追加も噂されている。

しかし先代ノートにあった「ノートNISMO(ニスモ)」と、SUVテイストの「ノートC-Gear(シーギア)」は未発表のままだ。特に後者は、4WDの性能が格段にアップした新型ノートにこそピッタリなラインナップになりそう。

大いなる期待を込めつつ…新型ノートの派生モデルを予想する!

▲※TOP画像は先代ノート「ノート C-GEAR」と「ノート NISMO」▲

ライバルに負けないSUVテイストの新型ノート e-POWER(しかも電動4WD)って、アリじゃない!?

更なる発展に期待したい! 新型ノート e-POWERの高性能な電動4WDとは

2021年に入り追加された日産 新型ノート(ノート e-POWER)の電動4WDモデルは、従来型に比べ格段の進歩を遂げた。

リヤ用のモーター駆動力は約14倍も向上。電子制御による滑りやすい路面での走破性はもちろんのこと、前後モーターの駆動配分を緻密に制御することで、ドライ路面でのコーナリング性能向上も果たしている。

この凝った造りの電動4WDシステムと、先代ノートに存在した「ノートC-Gear(シーギア)」のようなSUVテイストの派生モデルを組み合わせてみるのはどうだろうか。

ライバルのコンパクトカーには既にあるSUVテイストの派生モデル、日産にはなぜない!?

ライバルの「ホンダ フィット」には、SUVテイストの「フィット CROSSTAR(クロスター)」がラインナップされ、フィットシリーズ全体の15%近い割合で売れているという。

またトヨタにもSUVテイストの「アクア Crossover(クロスオーバー)」があるし、「ヤリス」には「ヤリスクロス」という独立したSUVモデルも存在している。

そう、SUVテイストはもはやブームの域を超え定番化しつつある状況にある。

日産でもコンパクトSUV「キックス」がラインナップされているが、残念ながらこちらはFFモデルのみ。降雪地域などでは、4WDモデル追加に期待する声が大きい。

新しい電動4WDを搭載した「新型ノートC-Gear(仮称)」があれば、そんな4WD需要も補えることだろう。

スポーティなテイストの新型ノートにはSUV風の装飾も似合いそう

正直なところ、先代のノートC-Gearは爆発的なヒット作とはならず、知る人ぞ知る通好みなラインナップに留まっていた。ルーフが長く実用車然としたスタイルの先代ノートと、SUVテイストの組み合わせはそこまでユーザーにハマらなかったようだ。

しかし、先代ノートに比べテールゲートの形状が寝かされたことで、スポーティなテイストが増した新型ノートなら、俄然期待が増す。

例えば車高もリフトアップし、フェンダーアーチをブラックの仕上げとするだけでもかなり雰囲気が出そうだ。今度の新型ノートC-Gear(仮称)、想像しただけで早くも人気の予感がしてくる!

現段階ではまだ詳しい情報は聞こず登場時期も不明であるが、早々に追加されることを大いに期待したい!

そしてこっちは鉄板人気! 新型ノート NISMOはどうなる!?

そしてノートといえば、先代でも根強い人気を集めていた「ノート NISMO(ニスモ)」の追加も楽しみな1台だ。

先代のノート e-POWERにラインナップされていたNISMOは、専用のコンピュータチューニングを加え、モーター出力を向上。ボディの補強や専用サスペンションを搭載し、専用エアロパーツなどで武装した本格的なスポーツモデルだった。

新型ノート e-POWERの電動パワートレインは加速力も増した。これに先代以上のNISMOチューンが加われば、走りの楽しさも格段にアップしそうだ。

そして新型ノート NISMOでも、本格的な電動・電子制御四駆であるe-POWER 4WDとの組み合わせにも期待したい。楽しいコーナリングマシンとなりそうな予感がする!

新型ノートC-Gear(仮称)同様、こちらもやはり詳しい情報はまだ明らかになっていない。とはいえ先代ノート NISMOの人気ぶりからして、間違いなく出てくると考えておいて良いだろう。こちらは年内の登場が期待される。早ければ2021年秋頃にもその姿を見ることが出来るかもしれない!

[まとめ:MOTA編集部]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円276.3万円
中古価格:
14.8万円1,681.8万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる