新しいエルグランド、アルファードに勝ってる?【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
高級ミニバンの元祖、日産 エルグランドはまだ諦めていなかった! 現行E52型デビューから丸10年。次期モデルのウワサも聞こえず、日産ファンならずともエルグランドの今後が気になっていた中、まさかのマイナーチェンジ情報が飛び込んできました! 大逆転は難しいとしても、これで一矢報いたいところ…。果たして、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者の方などはどう感じているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます!
目次[開く][閉じる]
  1. 高級ミニバンの元祖エルグランド
  2. まだ諦めていなかったエルグランドだが…
  3. SNS上でのみんなの声は?

高級ミニバンの元祖エルグランド

日産のエルグランドと言えば、高級ミニバンの元祖。トヨタを焦らせたほど、初代モデルの登場は衝撃的でした。

しかし2代目エルグランドと同時にデビューした後発のトヨタ アルファード/ヴェルファイアの攻勢に押され、最近はすっかり影の薄い存在となっています。

現行型の3代目モデルは2010年のデビュー。2014年にデザインを刷新するなどの大規模なマイナーチェンジを実施していますが、以降は大きな改良もないまま…。2020年1月~8月の販売台数は2,300台余り(月平均:約300台弱)です。

400万円以上のアルヴェルは月に8000台以上売れている!

いっぽうで、アルファードは売れに売れまくっています。

現行型は2015年にデビューし、2017年末にマイナーチェンジを実施。一部改良や特別仕様車の投入などはあるものの、ここ3年間は特に大きな改良もありません。それなのに2019年の1年間で68,000台余り(月平均:約5,700台)、兄弟車のヴェルファイアも2019年1年間で36,000台強(月平均:約3,000台)を販売。

好調な売れ行きは2020年も変わらずで、1月~8月までのアルファードの販売台数は52,000台余り(月平均:約6,500台)とコロナ禍の影響もほとんどなく、むしろ2019年よりも増加傾向にあるほどです。

まだ諦めていなかったエルグランドだが…

そんな中、2020年9月、日産は今秋発売予定の新型エルグランドについて、事前告知サイトを公開するとともに、9月15日からの予約受付を開始すると発表しました。

今回のマイナーチェンジではフロント周りを中心にデザインを一新。グッと洗練度を増した印象だ。また先進安全技術“360°セーフティアシスト”も全車標準装備としています。

さらにオーテックジャパンのカスタムモデル「AUTECH」を追加設定するのも大きなニュース。かつてエルグランドのカスタムモデルとして固定客を持っていた「ライダー」シリーズのように、コアな日産ファンからの支持を集めることが期待されます。

ただし、残念ながら今回のマイナーチェンジでは「e-POWER」や先進運転支援技術「プロパイロット」の採用は行われません。日産で今売れているセレナやノートは、これらの技術で販売を大いに盛り返しただけに、上級モデルへの搭載がなかったことは残念なところ。

SNS上でのみんなの声は?

そんな注目のエルグランドですが、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか見てみました。

「そろそろ新型を…。これがファンにとっては本音。E51型は2002年~2010年だったけど、E52型はそれを超えてしまった。初代のように堂々としてアルファードに対抗できる車、Lサイズの売れる条件をクリアして、そこからトヨタと違う日産の提案がある車、これがエルグランドのあるべき姿だと思う。」

「エルグランドも抜本的に変えないとアルファードの独走は止められないでしょう。同じくマイナーチェンジするホンダ オデッセイとアルファードの少ないおこぼれを奪い合うだけで終わってしまいそうで。因みに一番好きなミニバンは今でも初代エルグランドです。あの堂々とした雰囲気を現代に蘇らせてアルファードと勝負してほしいですね。」

「シャーシ、ミッション、エンジンがさすがに10年以上前のものでは…。せめて2L + e-POWERとか。安全装備もアルファードと同レベルにしないと。」

「えっ! マイナーチェンジ…。せめて専用スペックでハイパワーのe-POWERを積まなきゃ! それで走り走りと言ってもね。」

「最終型(E51HS)を10年乗ってますがそろそろ買い替える気になる車を出して欲しい。今になっても日産が好きな理由は自分でも解らないけどアル/ヴェルは嫌なんです。こんなマイナーチェンジにムダな資金を使わずにエルグランドの名前に合った進化をさせて欲しいです。」

やはり、フルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジという誰もが気になる点を指摘する声が圧倒的に多い模様です。

そんな中、

「今回は小手先の一言に尽きるものの、日産には頑張ってほしい。」

「フルモデルチェンジ待ちの人が多数だろうけど、ここは去年のスカイラインのマイナーチェンジ同様褒めるべきかな。ゴーン去るまでおそらく次期型の開発なんてしてなかっただろうし、今年に入って本格的に動き出したというか、動けるようになったんだろうと思う。次期型が開発中かどうか微妙だけど、それに繋げるまでの処置とすれば評価すべきなんじゃないかな?」

と、今後の日産の飛躍に期待する声もいくつか見受けられました。

日産の復活は近いのか!?

新たに登場した新型キックスや、アリアに始まり、先日発表された新型フェアレディZ(プロトタイプ)、今後登場が予想される次期ノートやエクストレイルなど、復活間近の日産。エルグランドのフルモデルチェンジもそのうち行われるのか? これからの日産に目が離せません。

[筆者:MOTA編集部]

日産/エルグランド
日産 エルグランドカタログを見る
新車価格:
338万円831.6万円
中古価格:
24.9万円547.1万円
トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
352万円775.2万円
中古価格:
19.9万円1,315.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 エルグランドの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エルグランドのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エルグランドの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エルグランドの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エルグランドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる