携行は義務じゃないのに表示違反は反則金6000円!?「停止表示器材」ってなんだ?

予期せぬ故障や事故はいつ起こるかわからない。万が一のトラブルが起きたとき、後続車に危険を知らせ二次事故を防ぐアイテムが「停止表示器材」だ。高速道路では、故障などの理由により車両が動かなくなった場合、停止表示器材を表示しなければ「故障車両表示義務違反」となる。

>>実は忘れがちな停止表示器材を詳しく見たい方はコチラ

表示しないと違反なのに標準装備されない停止表示器材とは?

停止表示器材とは、故障などが原因で車両が動かなくなった際、停止していることを表示する器材のこと。一般的には「停止表示板」や「三角停止板」といわれている。

高速道路において、故障などの理由により停止しているときは、法令で定められている基準を満たした停止表示器材を表示をしなければならない。

しかし、停止表示器材を携行する義務はなく、停止表示機材(三角停止板)を携行せずに高速道路を運転しても違反となることはないことになっており、戸惑うユーザーも多いポイント。高速道路で停止する場合は表示が義務となっているのに、携行することは義務になっていないというやや矛盾した規則になっている。

故障車両表示義務違反

【行政処分】

・基礎点数1点

※酒気帯びの場合:0.25mg/l以上は25点、0.25mg/l未満は14点

【反則金】

・大型車7,000円

・普通自動車6,000円

・二輪車6,000円

・小型特殊自動車5,000円

一般道路でも役に立つ停止表示器材

法令では、高速道路での故障などの理由で停止するときに表示義務があると記載されているため、一般道路においては表示する義務はない。しかし、一般道路においても、カーブや曲がり角など視野・視界が良くない場所は意外と多いもの。

故障車が停止していることをカーブの手前や曲がり角の手前から表示しておけば、後続車からの追突、急ブレーキによる事故を減らすことができる。法令の基準を満たした停止表示機材(三角停止板)は、標準装備されている車種もあれば、オプションとなっている車種もあるが、多くの車種では標準装備されていない。いざというときのためにも停止表示器材を購入し、積載しておくと安心だ。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる