MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース 三菱 GTO ツインターボ Z16A が1/43ミニチュアカーで初登場!

自動車ニュース 2019/6/10 09:59

三菱 GTO ツインターボ Z16A が1/43ミニチュアカーで初登場!

関連: 三菱 GTO
三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場
三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場画像ギャラリーはこちら

三菱 GTO ツインターボの1/43ミニカーが登場

ミニカー専門店「モデルギャラリー HIKO7」は、三菱 GTO ツインターボ(Z16A)のダイキャスト製1/43スケールミニチュアカーを2019年6月5日から予約を開始した。価格は6300円(税別)。色はレッドとシルバーの2色となり、発売は同年7月下旬~8月を予定している。

本製品は三菱 GTOの中期型以降から採用されている固定型ヘッドライトやリアスポイラーなど、中期型の装備を可能な限り再現した精巧なミニカーとなっている。なお、三菱 GTOの中期型は今回が初のモデル化である。

>>細かいところまで凝っている! 三菱 GTO ツインターボのミニカーを画像で見る(10枚)

三菱 GTO ツインターボ(Z16A)1993について

1990年代に三菱自動車が世に送り出したハイスペックスポーツカー。

当時の規制上限の280馬力を発生するV6エンジンに4WDというパッケージングで、日産のスカイラインGT-Rにも引けを取らないスペックを持っていた。

今回モデル化した車両は中期型と呼ばれる、ヘッドライトがリトラクタブルから固定型になった車両である。

製品概要

三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場三菱 GTOのの中期型が1/43ミニチュアカーで登場

■名称:1/43 三菱 GTO ツインターボ(Z16A)1993 Passion RedおよびGentille Silver

■限定数:各カラー300台

■商品番号:CN439301(レッド)、CN439302(シルバー)

■予約開始日:2019年6月5日

■発売予定:2019年7月下旬~8月

■販売料金:各6300円(税別)

■サイズ:1/43スケール

■ボディ素材:ダイキャスト(亜鉛合金) 塗装済み完成品

■パッケージ:(W)150mm×(D)70m×(H)68mm 透明ケース付

■対象年齢:14才以上

■仕様:ディスプレイ用モデル (可動無し)

■販売店:モデルギャラリー HIKO7(神奈川県横浜市栄区笠間2丁目15-9)および全国模型取扱店

>>公式サイトはコチラ

HIKO7のオリジナルブランド「CARNEL」

“こだわりのミニチュアカー”をコンセプトに、これまでモデル化されていない車を中心にミニチュアカーのコレクションを楽しくするようなオモシロイ、珍しい、カッコイイこわだりのあるモデルを提案している。

また、CARNELの商品はすべて一度限りの限定生産モデルとなっている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 GTO の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR