ポルシェ カイエンSクーペを発表|2.9リッターV6ツインターボを採用

ポルシェ カイエンSクーペを発表

ポルシェは2019年5月15日、カイエンクーペのラインナップに最高出力324kW(440PS)の2.9リッターV6ツインターボを搭載した「カイエンSクーペ」を追加すると発表した。

カイエンSクーペは、従来のカイエンと比較してよりシャープになったプロポーションとアダプティブリヤスポイラー、2つのルーフコンセプト、独立したシートの後部座席などを採用したユニークなリアセクションが特長のモデルである。固定式パノラマガラスルーフが標準装備で、オプションのカーボンルーフを装備することでよりスポーティな印象を与えられる。

>>固定式ガラスルーフが標準装備! カイエンSクーペの内外装を画像で見る(9枚)

カイエンSクーペの主な特長

ダイナミックなデザイン

カイエンSクーペは後方に傾斜する急勾配のルーフラインやクーペらしい固定式のリアスポイラーが特長で、浅く傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、ルーフエッジはカイエンよりも約20mm低くなっている。

またすべてのカイエンクーペモデルにおいて、固定式のリアスポイラーはポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)の一部であるアダプティブリアスポイラーとともに搭載されている。 PAAのスポイラーは、90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高め、車両の俊敏性も向上させる。

センターターボレイアウトを採用したV6エンジン

カイエンSクーペの2.9リッターツインターボエンジンは、最大トルクの550Nmを1800回転から5500回転の幅広いエンジン回転数で発生し、停止状態から100km/hまでは標準装備のスポーツクロノパッケージによってわずか5秒で達する。なお最高速度は263km/hである。

2つのターボチャージャーはV型シリンダーの中央に配置されたことで、よりコンパクトなエンジンを実現。さらに車両の重心も低くなったことで、横方向のダイナミクスも向上している。燃焼室とターボチャージャーを繋ぐ排気経路が短くなったことで、自然なエンジンレスポンスと素早い加速が可能となった。

カイエンSクーペの主な標準装備

■パワーステアリングプラス

■20インチアルミホイール

■パークアシスト

■サラウンドビューカメラ

■ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ポルシェ カイエンの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ カイエンのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ カイエンの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ カイエンの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ カイエンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる