MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ カイエンSクーペを発表|2.9リッターV6ツインターボを採用

自動車ニュース 2019/5/17 10:07

ポルシェ カイエンSクーペを発表|2.9リッターV6ツインターボを採用

ポルシェ カイエンSクーペを発表
ポルシェ カイエンSクーペを発表ポルシェ カイエンSクーペを発表ポルシェ カイエンSクーペを発表ポルシェ カイエンSクーペを発表画像ギャラリーはこちら

ポルシェ カイエンSクーペを発表

ポルシェは2019年5月15日、カイエンクーペのラインナップに最高出力324kW(440PS)の2.9リッターV6ツインターボを搭載した「カイエンSクーペ」を追加すると発表した。

カイエンSクーペは、従来のカイエンと比較してよりシャープになったプロポーションとアダプティブリヤスポイラー、2つのルーフコンセプト、独立したシートの後部座席などを採用したユニークなリアセクションが特長のモデルである。固定式パノラマガラスルーフが標準装備で、オプションのカーボンルーフを装備することでよりスポーティな印象を与えられる。

>>固定式ガラスルーフが標準装備! カイエンSクーペの内外装を画像で見る(9枚)

カイエンSクーペの主な特長

ポルシェ カイエンSクーペを発表ポルシェ カイエンSクーペを発表

ダイナミックなデザイン

カイエンSクーペは後方に傾斜する急勾配のルーフラインやクーペらしい固定式のリアスポイラーが特長で、浅く傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、ルーフエッジはカイエンよりも約20mm低くなっている。

またすべてのカイエンクーペモデルにおいて、固定式のリアスポイラーはポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)の一部であるアダプティブリアスポイラーとともに搭載されている。 PAAのスポイラーは、90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高め、車両の俊敏性も向上させる。

センターターボレイアウトを採用したV6エンジン

カイエンSクーペの2.9リッターツインターボエンジンは、最大トルクの550Nmを1800回転から5500回転の幅広いエンジン回転数で発生し、停止状態から100km/hまでは標準装備のスポーツクロノパッケージによってわずか5秒で達する。なお最高速度は263km/hである。

2つのターボチャージャーはV型シリンダーの中央に配置されたことで、よりコンパクトなエンジンを実現。さらに車両の重心も低くなったことで、横方向のダイナミクスも向上している。燃焼室とターボチャージャーを繋ぐ排気経路が短くなったことで、自然なエンジンレスポンスと素早い加速が可能となった。

カイエンSクーペの主な標準装備

■パワーステアリングプラス

■20インチアルミホイール

■パークアシスト

■サラウンドビューカメラ

■ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ポルシェ カイエン の関連編集記事

ポルシェ カイエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ カイエン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR