ポルシェ「カイエン」にPHEVモデルが登場

ポルシェ カイエンにプラグインハイブリッドモデルが登場

ポルシェは2019年5月7日、カイエンにプラグインハイブリッドモデル「Eハイブリッド」を導入すると発表した。

カイエン Eハイブリッドは、3リッターV6エンジンとエレクトリックシステムを搭載し、0~100km加速タイムは5.0秒、最高速度は253km/hに達する。さらにゼロエミッションの電気モーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速する。

>>高級感あふれるポルシェのSUV「カイエン Eハイブリッド」の内外装を画像で見る(11枚)

日本仕様ではレーンチェンジアシストとアダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビューカメラが標準装備され、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付独立ヒーター、および22インチ軽合金製ホイールなどがオプションとなる。

またポルシェは、カイエン Eハイブリッドの発売と同時に革新的な装備を追加してカイエンシリーズ全体のコンフォートおよびアシスタンスシステムの範囲を拡張する発表した。

カイエン Eハイブリッドの主な特長

918スパイダーのブーストコンセプトを継承

システム最高出力は、250kW(340PS)の3リッターV6エンジンと100kW(136PS)のエレクトリックシステムを結合することで、340kW(462PS)を発生する。

918スパイダーに基づくブーストストラテジーが新たに追加され、全てのドライビングモードでエレクトリックシステムを使用してパフォーマンスを向上させている。最大トルクは700N・mで、0~100km加速タイムは5.0秒、標準装備されるスポーツクロノパッケージのスポーツプラスモードを使用すると、エンジンとエレクトリックシステムによる最高速度は253km/hに達する。

ポルシェコネクトアプリとポルシェチャージングシステムによる充電

カイエン Eハイブリッドのバッテリー容量は先代モデルの10.8kWhから約30%増加して14.1kWhとなった。

充電の管理およびモニタリングはポルシェコミュニケーションマネージメントとポルシェコネクトアプリによって行われ、アプリからのリモート操作でチャージング開始時間の設定やバッテリー残量の確認もできる。またエンジンが掛かっていないときでもスマートフォンを通じてオートエアコンの操作が可能だ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ポルシェ カイエンの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ カイエンのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ カイエンの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ カイエンの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ カイエンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる