autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 公道を走れる”電動三輪車”が登場!?|クラウドファンディングで販売開始

自動車ニュース 2019/5/11 08:30

公道を走れる”電動三輪車”が登場!?|クラウドファンディングで販売開始

公道走行可能な電動三輪車が登場
公道走行可能な電動三輪車が登場公道走行可能な電動三輪車が登場公道走行可能な電動三輪車が登場公道走行可能な電動三輪車が登場画像ギャラリーはこちら

公道を走れる電動三輪車「Kintoneトライク」登場

株式会社アースシップは、同社の電動モビリティブランド「Kintone(キントーン)」シリーズの新型電動三輪車「Kintoneトライク」の一般販売開始に先駆け、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて2019年4月30日から販売を開始した。価格は24万8000円、先着20台限定で20%オフの19万8000円(消費税込み)となっている。

>>公道も走れる!? オトナの電動三輪車「Kintoneトライク」を画像で見る(10枚)

Kintoneトライクの主な特長

公道走行可能な電動三輪車が登場公道走行可能な電動三輪車が登場

ヘルメットなし、普通免許で運転可能

Kintoneトライクはシリーズ初の公道走行可能な電動3輪バイクで、ミニカー登録を行い、普通自動車免許で運転が可能だ。

ミニカー登録とは小型で排気量が50cc未満の車を対象とし、普通自動車免許(AT限定でも可)で乗ることができる。なおヘルメットの着用義務はなく、法定最高速度は時速60kmとなっている。

ミニカー登録

公道走行可能な電動三輪車が登場

Kintoneトライクは保安部品を完備しており、ミニカーという区分でのナンバー登録となる。

各車体に刻印されている車台番号とともに所定の書類を役所に提出し、交付される水色のナンバープレートを装着することで行動が走行可能となる。なお通常の車両と同様、自賠責保険の加入が必要だ。

主なスペック

■最高速度:30km/h

■可能走行距離:30~40km

■最大荷重:200kg

■最大上昇能力:25度

■充電式バッテリー:中国製リチウムバッテリー60v/12Ah

■パワー:500W

■充電器:AC 110V~240V/50~60HZ

■寸法:縦185cm、横98cm、高さ111cm

■本体重量:105kg

■充電時間:5~6時間

■ボディカラー:黒

■タイヤの大きさ:18×9.5インチ

クラウドファンディング概要

■実施期間:2019年4月30日~同年7月29日

■お届け予定:2019年9月下旬予定

>>商品ページはこちら

Kintoneについて

Kintoneは2015年に発足した電動モビリティ専門日本メーカーで、ミニセグウェイや電動キックボードを代表とした革新的な電動モビリティを開発・製造するブランド。世の中にない電動モビリティをいち早く開発し、世の中に送り出すことで、Kintoneシリーズは様々なメディアで紹介されている。

「Kintone」シリーズはこれまでにもクラウドファンディングを実施しており、2017年冬に実施した電動キックボード「Kintone motion」の同企画では、わずか1週間で500万円を突破し、最終的には目標金額の300万円を大幅に上回る700万円を達成している。

【動画】オトナの電動三輪車 Kintone Trike(Kintone公式動画)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR