autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売|月販目標は2500台

自動車ニュース 2019/1/17 12:47

ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売|月販目標は2500台

ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売
ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売画像ギャラリーはこちら

新型コンパクトSUV「アルス」発売の背景とは

ダイハツ マレーシアで新型コンパクトSUV「アルス」を発売

ダイハツのマレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥアは2019年1月15日、国民車「アルス」を新発売した。

プロドゥアは、マレーシア第2の国民車メーカーとして、小型車を中心にラインナップを充実させており、新発売したアルスは、同社の「アジア」「ベザ」「マイヴィ」に続くプロドゥア構造改革第4弾の商品である。世界的にSUV人気が高まりつつある中、マレーシア市場でも同様のニーズが高まっている事を背景として、国民車メーカーであるプロドゥアがマレーシア市場の多くのユーザーに手ごろな価格のSUVを提供するために新開発された。

>>新型「アルス」の内外装を画像で見る

ベース車両はコンパクトSUV「テリオス」

ベース車両は、2017年11月にインドネシアでフルモデルチェンジしたコンパクトSUV「テリオス」となるが、内外装デザインや室内のユーティリティ装備などはマレーシア市場のニーズを反映し、マレーシアのユーザーに最適なモデルとした。また、マイヴィで採用した衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用。

なおアルスは、トヨタにも「ラッシュ」としてOEM供給を実施しており、プロドゥアとしては初めてのトヨタ向けOEM供給となる。

「アルス」概要

・全長:4435mm

・全幅:1695mm

・全高:1740mm

・駆動方式:2WD(FR)

・エンジン:2NR-VE

・排気量:1496cc

・トランスミッション:4AT

・乗車定員:7名

・目標販売台数:2500台/月

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ダイハツ の関連編集記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR