ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車が200万台を突破

画像ギャラリーはこちら

ダイハツは、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」の搭載車種が、2018年11月末時点で200万台を突破したと発表した。

◆「スマートアシスト」搭載車の一部を画像でチェック

スマートアシストは、衝突回避支援ブレーキ機能などの先進デバイスを軽自動車で初めて採用したシステム。手の届きやすい価格が特長となっており、2012年にムーヴへ初搭載された後、搭載車種は拡大し続けてきた。

2015年には従来のレーザーレーダーに加え単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」が登場し、2016年には衝突回避支援ブレーキ機能を歩行者にも対応させた「スマートアシストIII」へ進化するなど、性能も向上している。

ダイハツは現在、軽自動車11車種、小型乗用車2車種の計13車種にスマートアシストを搭載しており、搭載比率は8割~9割程度に達する。ダイハツは、今後もより多くのユーザーに安心・安全を届けるべく、スマートアシストの発展と積極的な普及促進に取り組んでいくとしている。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

ダイハツの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる