autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車が200万台を突破

自動車ニュース 2018/12/3 15:52

ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車が200万台を突破

関連: ダイハツ
ダイハツ タント/タントカスタム
ダイハツ タント/タントカスタムダイハツ タントカスタム(手前)とタント(奥)ダイハツ タントカスタム(RS“トップエディションSA3”)カッコイイ軽自動車画像ギャラリーはこちら
ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ

ダイハツは、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」の搭載車種が、2018年11月末時点で200万台を突破したと発表した。

◆「スマートアシスト」搭載車の一部を画像でチェック

スマートアシストは、衝突回避支援ブレーキ機能などの先進デバイスを軽自動車で初めて採用したシステム。手の届きやすい価格が特長となっており、2012年にムーヴへ初搭載された後、搭載車種は拡大し続けてきた。

2015年には従来のレーザーレーダーに加え単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」が登場し、2016年には衝突回避支援ブレーキ機能を歩行者にも対応させた「スマートアシストIII」へ進化するなど、性能も向上している。

ダイハツは現在、軽自動車11車種、小型乗用車2車種の計13車種にスマートアシストを搭載しており、搭載比率は8割~9割程度に達する。ダイハツは、今後もより多くのユーザーに安心・安全を届けるべく、スマートアシストの発展と積極的な普及促進に取り組んでいくとしている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ の関連編集記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR