autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新サービス『KINTO』を発表|税金・保険の支払い、メンテナンス手続きを一元化

自動車ニュース 2018/11/1 18:15

トヨタ、新サービス『KINTO』を発表|税金・保険の支払い、メンテナンス手続きを一元化

関連: トヨタ

愛車サブスクリプションサービス「KINTO」を展開

2018年11月1日、トヨタは、ユーザーに車との新しい関係を提案する愛車サブスクリプションサービス(月額定額)「KINTO」の展開を年明けをめどに開始すると発表した。

トヨタでは、「車は愛がつく工業製品」であるとの考えのもと、どんなに時代が変わったとしても、ユーザーにとって車がいつまでも「愛車」であり続けることを願い、新たに個人向け愛車サブスクリプションサービスKINTOを展開する。

現在は、ユーザーの生活スタイルや消費スタイルが変化しており、1台の車を長年保有するニーズに加え、好きな車・乗りたい車を自由に選び、気軽に楽しみたいというニーズも高まってきている。

同サービスは、税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービスである。

また、コネクティッド技術を活用した安全運転・エコ運転の度合いや販売店への定期入庫などをポイント化し、ユーザーに還元するプログラムも展開する予定だ。

なお、同サービスの運営方法・形態などについては、現在詳細を検討しており、当初は東京地区でトライアルを実施する予定である。

トヨタ自動車 豊田章男社長のコメント

車が誕生してから100年以上にわたって人々に愛されてきたのは、「便利だから」だけでなく、所有する楽しさ、運転する楽しさ、移動する楽しさなど、人々に様々な「楽しさ」を提供してきたからだと思う。

車が所有から利活用にシフトしていくなかで、ユーザーにもっと気楽に楽しく車と付き合うための新たな提案が今回の愛車サブスクリプションサービス「KINTO」である。

車が欲しくなったら簡単にクルマライフをスタートし、違うクルマに乗りたくなったら乗り換え、不要になったら返却する。

必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに「筋斗雲」のように使ってもらいたいと考え、「KINTO」と名付けた。

今後も、車本来の魅力を伝えるとともに、「愛のつくモビリティを提供し続ける」という想いで、未来のモビリティ社会をもっと楽しいものにするための取り組みを進めていく。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR