トヨタ、「地域に合った移動の仕組み作り」に向けた活動助成事業を開始

トヨタ、地方等のモビリティを支援

2018年10月30日 トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、「地域に合った移動の仕組み作り」に取り組む日本国内の地方公共団体やNPO等を支援する助成金プログラムを設立し、公募を開始した。

トヨタ・モビリティ基金(TMF)とは

2016年に設立して以来、過疎化による公共交通の縮小や高齢化によって発生した移動課題の解決のための新たな仕組みづくりを行うプロジェクトや、地域に合った移動の仕組みの作り方や全国の好事例を紹介するガイドブック発行などを行ってきた。

上記活動を通じて、持続可能な移動の仕組み作りには、情報技術の活用や、地域の様々な分野(交通、福祉、教育、医療、観光等)で活動する多様なプレイヤー(行政、市民、公共交通事業者をはじめとした企業、NPOなど)の連携が重要であることを学び、この学びを活用し、イノベーティブな方法で地域に合った移動の仕組み作りに取り組む地方公共団体、NPO等の市民団体、民間企業、各種法人の活動を支援する助成プログラムを開始。

また、本助成プログラムを通じて得られる各地の事例や学びを「地域に合った移動の仕組み」Webサイトで紹介し、同様の活動を行う方々にとって情報共有の場を提供することを目指している。

公募概要

応募資格

「地域に合った移動の仕組み作り」に取り組む地方公共団体、NPO等の市民団体、民間企業、各種法人(個人は対象にはならない)

※地方公共団体以外の応募の際は、活動地域を管轄する地方公共団体の確認状が必要

助成金・件数

・最大3000万円/件、総額10億円

・件数未定(応募案件金額と総額の範囲で調整するため)

助成期間

1~2年

対象となる事業

地域の移動課題の解決を目指す活動(以下の内容を含むことが前提)

・複数の分野の多様なプレイヤーが連携するための体制を形成する

・対象地域の市民と移動課題を共有する機会を用意する

・対象地域において車両を用いた運行を行う

・本助成の明確な達成目標を持ち、達成状況の確認を行う

・本助成期間終了後の維持継続案がある、もしくは維持継続に向けた検討を行う

選考基準

以下の観点を踏まえ、総合的に判断

・住民の意向に合致した、地域の移動課題の解決に貢献する活動である

・情報技術の活用や、新しい発想や先駆的な概念やスキームを取り入れている

・全国の他の地域や団体に波及し、モデルとなりうる

・「対象となる事業」で示した5つの内容を含む活動である

選考方法

地域公共政策、交通、福祉等の産学民の有識者で構成される選考委員会にて選考

募集期間

2018年11月1日~2019年2月28日(午後5時)

この記事の画像ギャラリーはこちら
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる