イーロン・マスク氏、テスラ会長職を辞任|証券取引委による提訴受け

画像ギャラリーはこちら

イーロン・マスク氏、テスラ会長職を辞任。CEOには残留

米証券取引委員会により、アメリカの電気自動車メーカー、テスラの創業者にして会長のイーロン・マスク氏が、同社の会長職を辞任したことが発表された。これは先日、マスク氏が自身のツイッターによって不正に株価を操作しようとし、米証券取引委員会に提訴されていた事案による。

なおマスク氏は同社の最高経営責任者としての立場は継続する。会長には新たに独立したメンバーが擁立されるとされ、具体的な人名は明かされていない。

■ロードスターから最新モデルまで! テスラの歴代モデルを画像でチェック

背景には証券詐欺行為、すでに当局とは和解済み

事の発端は8月7日に、マスク氏が自身のツイッターで「自社の株を買い戻し、非公開化する資金を確保した」と投稿。これにより投資家を欺き、不正に同社の株価を高騰させたとして、米証券取引委員会がマスク氏を提訴していた。問題となったツイートはこちら

本件はすでに、マスク氏並びにテスラがそれぞれ2000万ドル(23億円)の制裁金を支払うことで和解が成立している。

マスク氏が手がけているのはテスラのみならず、スペースXによる宇宙開発事業など多岐にわたる。このスペースXは先日、大手ファッション通販サイトを運営する株式会社ZOZO 前澤友作社長が、民間人初の月周回旅行を契約したことでも話題になった。

一方で当のマスク氏は、過度の睡眠不足による睡眠薬の服用、ポッドキャスト配信中のマリファナ吸引などから「精神的に不安定な面があるのでは」という一部報道もあった。それだけに、マスク氏並びにテスラの今後の動向が注目される。

◆本リリースの原文(英語)

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

テスラの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる