autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 テスラが宇宙を“走った”!? イーロン・マスク氏率いるSpaceX社が世界初の偉業を生中継

新型車リリース速報 2018/2/7 14:14

テスラが宇宙を“走った”!? イーロン・マスク氏率いるSpaceX社が世界初の偉業を生中継

「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]
「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]「テスラ ロードスター」(テスラ社初の市販EV・電気自動車)「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]画像ギャラリーはこちら

なんてこった! これはCGじゃあない!

「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]

日本時間の2018年2月7日午前5時45分、テスラ ロードスターを載せたSpaceX社の超大型ロケットFalcon Heavy(ファルコンヘビー)の打ち上げが成功した。そして離陸から7分後、3基あるうちの2基のブースターも再利用できるレベルで無事回収されている。このときの画像がこちら。打ち上げじゃなくて着陸の時の画像というのがスゴイ。

しかし、車好きにとって気になるのは、ファルコンヘビーに搭載された、赤いテスラ・ロードスターのことだろう。生中継動画では、テスラ・ロードスターに宇宙服を着たダミー人形がハンドルを握る姿が映し出されており、その後ろには青い地球が!なんで?これどういうこと? CGじゃないの? いえいえ、これ全て本物。

今現在も、地球から2000km離れた宇宙空間でテスラ・ロードスターが走行?中なのである。

>>偉業?それとも・・・?? 宇宙を飛ぶテスラ ロードスター[画像ギャラリー]

【動画】Falcon Heavy Test Flight[SpaceX]

テスラ初の市販EV「テスラ ロードスター」が採用された理由を考察する

「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]
「テスラ ロードスター」(テスラ社初の市販EV・電気自動車)「テスラ ロードスター」(テスラ社初の市販EV・電気自動車)

宇宙空間でテスラのハンドルを握るのは、スペースX社が開発した宇宙服を着たダミー人形「スターマン」だ。さらにダッシュボードの中にも極小のダミー人形を乗せたテスラ・ロードスターのホットウィール(トミカサイズのミニカー)も同乗している。

車はもちろん本物で、少し前までアメリカの道路を走っていたテスラ・ロードスターである。実はこちら、テスラ社の創業者であり、スペースXのCEOでもあるイーロン・マスク氏の「愛車」なのである。イーロン・マスクは赤と黒、2台のロードスターを所有しているが、このたびの宇宙旅行に選ばれたのは2010年型の赤い方。

なぜ赤を選んだか?というと、ファルコンヘビーの最終ミッションである「赤い惑星~火星」への旅に合わせたという説が濃厚だ。暗い宇宙空間では、黒よりも赤いボディカラーの方が映えて美しいという理由もあるだろう。

当初はPRを兼ねてテスラの最新車となる「テスラ モデル3」を乗せることも考えられたようだが、「地球をバックにした美しいオープンカーの絵」を優先させたと思われる。オープンであれば中のダミーも良く見えるし、背景の地球も良く映えるし、絵になるのはロードスターだ。また、ロードスターはテスラが世に出た際の第一号であり、イーロン・マスク自身も愛車にしている。アツくて深い「思い」もあったのだろう。

ちなみに、このテスラ ロードスターは、宇宙を走る?上で特別な装備は施されておらず、地球上で乗っていたときとほぼ同じノーマル状態だそう。

イーロン・マスクが繰り広げる“アメリカンジョーク”の数々に思わずニヤリ

「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]

小ネタもなかなか面白い。グローブボックスの中には、同型のミニカー+極小のダミー人形、そして「銀河ヒッチハイクガイド」(The Ultimate Hitchhiker's Guide to the Galaxy)というSF小説の本とタオルがセットされているそう。宇宙でヒッチハイクに遭遇した時の対応方法や、スターマンが乗るテスラが運行不能となった時に他車?にヒッチハイクをする際のやり方など、とても便利なガイドブックになりそうだ(笑)

カーナビの画面には「Don’t panic!!」と表示されているという。そう。宇宙では、トラブルが発生しても冷静さを保つことが大切なのだ。

さらに、このたびのファルコンヘビー発射のあと、ブースターと切り離され、シェルの中からテスラが出てきた際には、(もちろん中継で聞こえるわけではないが)、カーオーディオからデヴィッド・ボウイの「Life On Mars? 」(同じデヴィッドボウイの「Space Oddity」から変更された模様)が流れるようセットされていたとのこと。また、車両のとあるスペースにはこのプロジェクトに関わった全員の名前が入ったプレートも装着されている。

なにはともあれ話題作りに事欠かないアイデアマンのイーロン・マスク氏

「テスラ ロードスター」 SpaceX社 超大型ロケット「Falcon Heavy」打ち上げ生中継より[2018年2月7日]

テスラ・ロードスターが搭載された背景は、「宇宙空間に車をもっていったらどうなる?」という実験ということではなく、ほとんどイーロン・マスク氏の遊び心といっていいだろう。通常、ロケットに「おもり」として積まれるのはコンクリートの塊など、無機質で味気ない「重量物」が主流で、重量について話題になることはあっても、コンクリートの塊そのものが話題になることはほとんどない。

しかし、このたびのファルコンヘビーのデモ運用をするにあたって、「どうせならテスラ積んでみよう!」というアイデアが出された。そしてイーロン・マスクにとって最も思い入れのある「テスラ ロードスター」が搭載され、宇宙に放たれたというのが事の経緯である。

最後にファルコンヘビーについて少し触れておこう。

ファルコンヘビーはスペースX社最大のロケットで、注目すべきはその「PAYLOAD」の巨大さにある。ロケットにおける「ペイロード」とは、最大積載量とほぼ同じ意味で、ファルコンヘビーのペイロード(地球から2000キロの低軌道まで)は約6万3800キロ。ちなみに、次に多いスペースシャトルでも2万4000キロ、日本のH2Bロケットは1万6500キロというから、ファルコンヘビーがいかに大きいかがわかる。そして、ポイントはエンジンが再利用できるということ。再利用するためには当然、宇宙に放たれてからブースター部分を回収する必要があるが、3基あるブースター(エンジン部分)は今朝の打ち上げのあと、2基は予定通り、ケープカナベラル空軍基地のパッドへ着陸に成功し、無事回収されている。

テスラ ロードスターはこの後、火星へ向けたファルコンヘビーのミッション完了後、永久に宇宙空間を走行し続けるそうだ。空のかなたで、地球を見守りながらテスラ ロードスターが道なき道を走り続けている…。何十年か、何百年後か?いつの日か回収される日は来るのだろうか?

ロマンあふれる壮大なテスラの旅は今始まったばかりである。

[Text:加藤 久美子/Photo:“Live Views of Starman”[YouTube]より]

【動画】Live Views of Starman[SpaceX]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

テスラ ロードスター の関連編集記事

テスラ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ ロードスター の関連編集記事をもっと見る

テスラ ロードスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR