autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース レクサス、国内累計販売50万台突破を記念してLCの特別記念車を発売

自動車ニュース 2018/4/5 16:06

レクサス、国内累計販売50万台突破を記念してLCの特別記念車を発売

レクサス 新型LC 特別仕様車「Structural Blue(ストラクチュラルブルー)」

レクサスは、2018年3月末時点で国内における累計販売台数が50万台を達成したことを発表した。

2005年に国内でのレクサス販売を開始して以来、現在では11車種を展開。2017年には、フラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジなど、新世代レクサスとしての変革を進めてきた。

そして今回、国内累計販売台数50万台達成を記念し、LCに特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、2018年4月5日に発売した。

価格(消費税込)は、LC500h “Structural Blue”が1525万円、LC500 “Structural Blue”は1475万円。

>>LCの特別仕様車“Structural Blue”

特別仕様車“Structural Blue”の特長

レクサス 新型LC 特別仕様車「Structural Blue(ストラクチュラルブルー)」モルフォ蝶

特別仕様車“Structural Blue”は、LC500h/LC500 “L package”をベースに、自然界に存在する美しい色からインスピレーションを受け、レクサスの独自の技術により開発した外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定。ラグジュアリークーペとしての魅力的なデザインを一層引き立たせ、奥深い世界観を表現している。

ストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したレクサス独自のボディカラー。モルフォ蝶の羽は無色だが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっているため、人間の目には青く輝いて見える。レクサスは、15年の開発期間を経て、この原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を生み出した。光の反射により、圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせている。

内装色は、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフに、ストラクチュラルブルーと調和した、特別仕様車専用ブルーモーメントと、ブリージーブルーの2種類を設定。自然現象が生み出す多彩なグラデーションの瞬間を描き出し、室内を美しく彩る。

特別装備

・フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)

・特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP)

・“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム

・カラーヘッドアップディスプレイ

・ステアリングヒーター

・寒冷地仕様

レクサス LC

LCは、ライフスタイルブランドとしての進化を目指す新世代レクサスの象徴としてデビューしたフラッグシップクーペ。GA-Lプラットフォームや、マルチステージハイブリッドシステム、Direct Shift-10ATなど、最先端技術の採用に加え、徹底的な作り込みによって独創的なデザインやすっきりと奥深い走りを実現し、多くのユーザーから好評を博してきた。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス LC の関連編集記事

レクサス LCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LC の関連編集記事をもっと見る

レクサス LC の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR