autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日野、小型EVバスのポンチョEVや新型プロフィアなどを出展【東京モーターショー2017】

自動車ニュース 2017/10/13 14:40

日野、小型EVバスのポンチョEVや新型プロフィアなどを出展【東京モーターショー2017】

日野 ポンチョEV

日野は、10月25日から開催される東京モーターショー2017に、フルモデルチェンジしたプロフィアとレンジャー、すでに営業運行している小型EVバスのポンチョEVなど5台のほか、エンジン2基を出展する。

日野は、出展テーマを「もっと、はたらくトラック・バス」とし、もっと効率よく、もっと安全に人や物を運び、人々の生活を支えるためにもっと役に立ちたい、という思いを込めた。また、現車展示だけでなく、先進の環境・安全技術や、車の稼働を支える取り組みについてもわかりやすく展示。さらに日野の考える物流や人の移動の未来像を映像で紹介する。

日野の出展概要

日野 プロフィア<市販車>

日野 プロフィア

2017年に14年ぶりのフルモデルチェンジした大型トラック「プロフィア」は、エクステリア・インテリアを一新するとともに、安全性や経済性をさらに向上させ、平成28年排出ガス規制に適合した。

対人検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「PCS」や車線逸脱警報など先進の安全装備を標準装備し、また主力の279kW(380PS)エンジンを13リッターから9リッターにダウンサイズすることで大幅な軽量化も実現している。

日野 レンジャー<市販車>

日野 レンジャー

レンジャーは、プロフィアと同時に16年ぶりにフルモデルチェンジし、平成28年排出ガス規制に適合させた中型トラック。

こちらもエクステリアとインテリアを一新し、プロフィアと同等の先進安全装備を標準装備している。

また、すべてのエンジンを5リッターにダウンサイズして、燃費も向上した。

日野 デュトロ ハイブリッド(ワイドキャブ)<市販車>

日野 デュトロハイブリッド(ワイドキャブ)

「ヒノノニトン」でおなじみのデュトロ ハイブリッドは、小型ハイブリッドトラックで一番の販売実績を誇る。デュトロハイブリッドのワイドキャブ車に新たに6速AMTを搭載し、あわせてハイブリッドシステムの制御を改善して燃費とドライバビリティを向上させた。

日野 ポンチョEV<参考出品・限定販売車>

国内で唯一の小型ノンステップバスであるポンチョのディーゼルエンジンを電気モーターに置き換えたEVバスを出展する。

すでに、東京都墨田区、同羽村市、石川県小松市で営業運行しているが、それぞれ約10kmほどの運行ルートを1運行するごとに充電する「高頻度充電コンセプト」に基いて運行しており、順調に実績を積んでいる。

走行時にはCO2を出さず、走行音も静かで乗客に喜ばれている。

その他の出展内容

・日野 レンジャー ダカールラリー2014参戦車 <参考出品車>

・エンジン展示(A09Cエンジン/A05Cエンジン)

・技術展示

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日野自動車 プロフィア の関連編集記事

日野自動車 プロフィアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日野自動車 プロフィア の関連編集記事をもっと見る

日野自動車 プロフィア の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR