autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、横浜観光にも活用できる超小型EVのラウンドトリップ型カーシェアリングを開始

自動車ニュース 2017/3/23 11:07

日産、横浜観光にも活用できる超小型EVのラウンドトリップ型カーシェアリングを開始

関連: 日産
チョイモビ ヨコハマ
チョイモビ ヨコハマ

日産は、横浜市と超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用したラウンドトリップ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を3月17日より開始した。

これまでに日産と横浜市は、国土交通省が推進する「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受け、2013年10月から2015年9月の2年間、超小型電気自動車(EV)を活用した日本初のワンウェイ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」の社会実験を、「低炭素交通の推進」、「都市生活・移動のクオリティアップ」、「観光の振興」を目的に実施した。

2015年10月からは、レンタカー型運用での観光活用や地元企業での活用を行ってきた。

今回開始する新たな「チョイモビ ヨコハマ」は、これまでの知見を活かし、より地域と密着した超小型モビリティ利活用の推進と持続可能な官民連携の事業モデルの構築を目指し、出発したステーションに車両を返却するラウンドトリップ型カーシェアリングとして行う。

専用サイトから会員登録すると、横浜都心エリアに設置した14箇所のステーションで車両の貸渡および返却が可能になる。車両は、利用開始予定時間の30分前から予約ができる。

利用料金は、基本料金200円に加え、15分毎に250円課金され、一日の最大利用料金は3000円となる。サービスの利用には、日本の運転免許証、スマートフォン、日本国内発行のクレジットカードが必要となる。

今後は、横浜都心エリアに特化した観光ガイドツアーや地元企業への長期貸し出しなども行うとしている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 の関連編集記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連編集記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
日産 関連サービス