【車なご図鑑】スバルWRX STI

WRX STIってこんなクルマ

スバルWRX STI
スバルWRX STI

スバル「WRX」シリーズは、同社が世界に誇るハイパフォーマンススポーツセダンです。

モータースポーツで培った技術を活かした強力なエンジンに、高性能な四輪駆動、鍛えられた足回りを組み合わせ、一般道・サーキット・未舗装路等、路面を問わず安定したスポーツ走行を実現しています。

【画像ギャラリーはこちら】

WRXシリーズの歴史は長く、1992年に初代モデルが登場して以来23年に渡って進化を重ねてきました。ちなみに先代まで車名は「インプレッサWRX」でしたが、現行のモデルから「WRX」に独立し、特別なモデルとして展開されています。

車名につく「STI」は『SUBARU TECNICA INTERNATIONAL』の略で、スバルのモータースポーツ部門や、その技術を活かしてパワーアップさせたモデルにつく呼び名です。

ベース車両と見比べるとSTIモデルの派手さというか、スバルのやる気が伝わってくるのが判るでしょう。別物とも言えるそのエクステリアには、高速走行を安定させるための大型リヤスポイラーや、四角く角張ったブリスターフェンダーがスポーティでいかつい印象を演出しています。

しかし、そんないかつい外見とは裏腹に、米国IIHSの2015年安全評価で最高評価を獲得するほど繊細な技術を備えており、内外ともに完璧な仕上がりを見せています。

同じく今年で23年を迎えた三菱「ランサーエボリューション」シリーズは、2015年をもってその歴史に終止符を打つことになりましたが、WRXは今後もさらに熱く進化していくことが期待されています。早くもドイツの世界的に有名なサーキット「ニュルブルクリンク」で、WRXシリーズの最強モデルの開発が進んでいるとの噂も聞かれています。

スバルWRX STIスバルWRX STIスバルWRX STIスバルWRX STIスバルWRX STI

WRX STI「車なご」キャラクター解説

スバルWRX STI
スバルWRX STIスバルWRX STI

キャラクター担当者:

さて、今回は以前ご紹介したランサーエボリューションシリーズの事実上のライバルと言える、WRXシリーズの最新モデルをご紹介します。

デザインのモチーフとしたのは「WRX STI Type S」。元来、スバルの車はまさに「マシン」と言うにふさわしく、メカメカしいデザインが多いという印象がありました。事実、水平対向エンジンにこだわり続け、ひたむきにその技術を磨いているメカニック達が作る車は、心を打つカッコイイデザインです。ホームページも整えられ、スバルの世界観がダイレクトに伝わってきます。

そんなこだわりの多いブランドを車なごとして表現するには、誰もがカッコイイと思える存在、ヒーローっぽいデザインを念頭にデザインを進めました。

メカニカルな印象は硬質でゴツいガントレットやブーツで、SI-DRIVEセレクターなどの装備は変身ベルトのようにまとめるなど、スポーティーでヒロイックなイメージを引き立てています。

ここは細かすぎて伝わりづらい話なのですが、走っているSDの髪の毛の色が変わっているのにお気づきでしょうか?

実車のSI-DRIVEセレクターでドライブモードを変えると、走行性能を表す曲線がピンク色に変わるのですが、それがヒーローの変身のようだなぁと思いまして…走行中のSDは「S#」モードということで、髪の毛の色がピンクに変わっています(笑)ちなみに平常時は「I」モードの色です。

まだまだこだわりは多いですが今回はここまで。ランエボは生産終了してしまいましたが、その良きライバルとしてこれからも活躍し続けてほしいですね。

ぜひ手に入れて、ランエボとWRXの夢の同チームタッグなんて実現してみてはいかがでしょうか?

【画像ギャラリーはこちら】

「車なごコレクション」とは

車なごコレクション

今回紹介したマーチが登場する『車なごコレクション』は、実在する車を擬人化したスマートフォンアプリです!

豪華声優陣が彩るフルボイスも要チェック!登場する車種は100種類以上!

◆ 車なごコレクション 公式サイト

車なごは「クルマの擬人化」をテーマに、それぞれの車種が持つ歴史や販売当時のイメージ等を含めて、セリフやデザインを組み立てています。イラストとゲームだけでは語りきれないクルマの良さは、ご自身の目で見て、肌で感じて、クルマと車なごの両方を好きになっていただけたら嬉しいです。

▼前回記事はこちら!

【車なご図鑑】日産「マーチ」

▼車なごコレクションのダウンロードは以下からどうぞ!

AppStore  /Google play  /楽天アプリ市場

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる