マツダ アテンザ『マツダらしさ満載のDセグ日本代表』【ピックアップ!カーソムリエレポート】

【カーソムリエレポートって何?】

カーソムリエ検定に合格した『カーソムリエ』が、話題のクルマを実際に試乗して書いたレポート。それがカーソムリエレポートです。

本日はマツダ アテンザ/アテンザワゴンのレポートをピックアップしてお届けいたします!

▼『マツダらしさ満載のDセグ日本代表』(カーソムリエ masaさん)

▼『これが日本車?』(カーソムリエ のりさん)

★★マツダ アテンザの他の試乗レポートはコチラ★★

マツダ アテンザ/アテンザワゴン

マツダのフラッグシップモデルの3代目。独自の新世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」が全面的に用いられており、エンジンは、2リッターと2.5リッターのSKYACTIV ガソリンと、クリーンディーゼルである2.2L直噴ターボのSKYACTIV-Dをラインナップ。組み合わされるトランスミッションは、6速ATのSKYACTIV ドライブに加え、ディーゼルユニットには国内では初採用となる6速のSKYACTIV MTも用意。ディーゼル+6速MTはJC08モード22.4km/Lを実現する。

『マツダらしさ満載のDセグ日本代表』(カーソムリエ masaさん)

マツダ アテンザ
マツダ アテンザマツダ アテンザ

総合評価:3.9/5.0

外観デザイン:4.2/5.0

インテリア:3.8/5.0

走りやすさ:4.0/5.0

-オススメポイント-

試乗車はXD Lパッケージセダンです。

(スタイル)

理屈抜きにカッコイイ!このボディの大きさだからこその伸びやかな肢体!

(性能)

とにかく驚愕!このボディをこれほど豪快に押し出すトルク感!ちょっと経験の無いエンジン体験。あまりエコエコしていないシフトプログラム(苦笑)

(乗り味)

まずはスポーティ!しかしショックも拾う(苦笑)軽やかな身のこなしとトレードオフって事ですかね…ショックが硬いのでしょうか…車重を感じない乗り味。車重がある車はボディの動きがユッタリとストロークするようなイメージがあるのですが、この素早い動きはちょっと経験したことないです。

(燃費)

試乗車のモニターでは13.6キロ/リッターを表示してました。皆さんチョイ乗りでしょうから、それでこれなら巡航なら相当期待できそうです。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

違った。

理由:思ってたより動きが軽やか。良く言えばスポーティ!悪く言えば…もう少しNVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)を頑張ってほしいかな。もちろんDセグとして充分な上質感なのですが、スタイル、性能がこれだけ凄いと欲が出ます。逆に言えば、プロダクトとしてこれだけ開発と製品にコストパフォーマンスがあればよくぞここまで内装や質感を達成して頂けた!とも言えます。要は優先順位の付け方です。

-不満点-

外観でただ一つ、それはリアボディが腰高に見えることです。駆動方式がFFだからでしょうか…せめてあと数ミリ下がれば印象は更にセクシーになることでしょう。

-運転後の感想-

欧州のDセグの強豪達とガチンコ勝負の日本代表は乗り味爽やか、しかしやや薄味な気が…これは日本車全般に言えるのですが…更なる個性があっても良いのでは…スタイル、性能面の訴求力が抜群なだけに。マツダらしくスポーツで行くのもアリです。あと、この際ですから全世界共通ネームになさっても良いのでは…笑

マツダ アテンザマツダ アテンザマツダ アテンザマツダ アテンザマツダ アテンザ

『これが日本車?』(カーソムリエ のりさん)

マツダ アテンザワゴン
マツダ アテンザワゴンマツダ アテンザワゴン

総合評価:4.0/5.0

外観デザイン:5.0/5.0

インテリア:3.9/5.0

走りやすさ:3.7/5.0

-オススメポイント-

今回の試乗車はアテンザワゴンXD Lパッケージです。

エクステリア

これが日本車?と言ってしまうほどすばらしいデザインです。まさかこれほどのデザインのいい車が日本から発売されるとは思ってませんでした。ボディサイズはかなり大きのですが、このデザインが気にいってしまった人にとってはささいなことです。

インテリア

乗り込んでみると横方向にかなり広くなかなか質感のあるインテリアです。シートも大きく硬さもほど良いので大柄な人が長時間乗っても疲れにくいでしょう。

ドライビング

走り出してみるとこの車がデザインだけではないということがよくわかります。2.2Lのディーゼルターボエンジンに6ATの組み合わせはデザインに負けていません。低速域からかなり力強くアクセルほとんどあける必要がないぐらいです。かなり高速道路向けのエンジンなのですが、街中で扱いずらいと言うことはなくその動力性能には大満足です。

この車に乗ると高速道路を使って長距離ドライブに行きたくなります。そしてそういう使い方をすればこの車は素晴らしい燃費を見せてくれるでしょう。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

同じ。

-不満点-

このデザインなので仕方がないのですが、ボディサイズは大きいです。ガソリン車に比べればカラカラとしたディーゼルエンジンの音は聞こえます。

-運転後の感想-

とてもいい車でした。次期購入候補1位です。

マツダ アテンザワゴンマツダ アテンザワゴンマツダ アテンザワゴンマツダ アテンザワゴンマツダ アテンザワゴン

あなたもカーソムリエになりませんか?

★★どなたでもカーソムリエになれます★★

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、「カーソムリエ」の資格が認定されます。 カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

我こそはカーソムリエにという方は、コチラまで。

★★「Amazonギフトキャンペーン」を実施中★★

レポート1投稿につき、“もれなく”Amazonギフト「500円」分をプレゼント!複数車種のレポート投稿もOKなので、Amazonギフトを沢山貰えるチャンス!

詳細についてはコチラよりご確認下さい。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ アテンザの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アテンザのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アテンザの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アテンザの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アテンザのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる