トヨタ 先代センチュリー 実燃費レポート|ハイブリッドモデルとの燃費の差は!?(4/6)

画像ギャラリーはこちら

トヨタ 先代センチュリー 実燃費レポート|高速道路編

■トヨタ V12センチュリー 高速道路での実燃費:8.2km/L

車種 V12センチュリー ハイブリッドセンチュリー
カタログ燃費 7.2km/L(10・15モード) 13.6km/L(JC08モード)
高速道路実燃費 8.2km/L 14.9km/L

20年経っても、圧倒的な乗り心地の良さを体験できる V12センチュリー

高速道路編では、巡航中のV12エンジンのフィーリングなどをお伝えしましょう。

私のV12センチュリーの高速道路での燃費は8.2km/L。「大排気量車はエンジンをユルユルと回して走れるから、燃費は案外いいものだ」とよく言われるのを思うと、意外に伸び悩みました。その原因は5リッターもあるクルマながら旧式の4速ATが災いし、トップギアの4速100km/hで2200回転という現代では驚くほど高い巡航中のエンジン回転数が大きいと思われます。

しかし紹介編で書いたV12センチュリーの中期型以降の6速AT車であれば、オーナーさんによれば「6速100km/hのエンジン回転数が1500回転に下がるので、高速道路なら二桁走ることもありますよ」とのことで、やはり意外に燃費は悪くないようです。

V12エンジンは高速巡航中だと、やはり「エンジンがモーターのように遠くで静かかつスムースに回っている」という印象で、大きなエンジンながらエンジン存在感は限りなくゼロに近いです(笑)。まあそういうものこそが高級車用のV12エンジンなのでしょう。

ショーファーカーの場合は要人が狙われた際に「安全なところまで逃げ切らなければならない」という場合もあります。そういった場合を想定して(脳内では勝手にスパイ映画の音楽を流しつつ)アクセルを深く踏むと、太いトルク感と直6エンジンのような快音を静かに伴いながら、現代の水準でも「なかなか速い」と感じる迫力ある加速を味合わせてくれます。ちなみにV12センチュリーのエンジンは280馬力規制もあり5000回転しか回りませんが、もし280馬力規制がなく「6000回転回る350馬力のV12だったら」という封印を解いたこのエンジンも見てみたかったと強く思います。

メルセデス・ベンツ Sクラスに今年加わった3リッター直6ターボに若干のモーターのアシストも後押しするS450に乗ると、フィーリングはV12センチュリーの近いものがあり「V12というのは現代では懐古的なものなのだな」とか「高級車のエンジンはパワフルで静かかつスムースなのが大事なのだから、インフラが整えば燃料電池が一番なのではないか」といったことを考えるようになったのも、V12センチュリーを自分で買ったからこそ得た発見でした。

またV12センチュリーは速度感が強いクルマなのもあり、個人的にはノンビリとしたペースで高速道路を流したいものです。特に天気のいい日だと新幹線や飛行機を遅くしたような感じがして、何ともいえない快適さを味わえるところが好きです。

ただ静粛性はエンジン音こそほぼ無音ですが、フェンダーミラーからと思われる風切音と中国製タイヤのシャーというロードノイズが大きく、私のV12センチュリーに関しては「そこまで静かではない」というのが率直な印象です。

なおV12センチュリーにはリアシートに人が乗っている時用にスムースに走りやすいノーマルモード、雪道用のスノーモード、主に一人で乗っている時用のパワーモードという3つの走行モードがあり、パワーモードにすると同じアクセル開度でノーマルの15%増しくらいの速さを感じます。もちろん普通に乗っている時はノーマルモードが運転しやすく、十二分に走ってくれます。

>>[次ページ]トヨタ 先代センチュリー 実燃費レポート|総合実燃費編

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ センチュリーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ センチュリーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ センチュリーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ センチュリーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ センチュリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる