三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート/永田恵一(1/5)

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:オートックワン編集部
三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート/永田恵一
三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 三菱「アウトランダーPHEV」 画像ギャラリーはこちら
三菱「アウトランダーPHEV」三菱「アウトランダーPHEV」

三菱「アウトランダーPHEV」は、昨年10月に発売された同社のミドルSUV「アウトランダー」に追加されたプラグインハイブリッドモデルで、アウトランダーシリーズの目玉的存在となっている。

アウトランダーPHEVのパワートレーンは、ハイブリッド用に専用チューニングされた2リッター直4エンジンを主に発電用として使い、モーターでタイヤを駆動する“シリーズハイブリッド”方式を採用している。

床下には12kwhという大容量のリチウムイオンバッテリー(i-MiEV 上級グレードの4分の3、日産リーフの半分)が搭載され、外部から充電することで60.2kmを電力だけで走行できるプラグインハイブリッド機能を備える(60.2kmはカタログ発表値)。

さらに、モーターは前輪と後輪に二つの駆動用モーターが備わり(それぞれ82ps)、プロペラシャフトを持たない四輪駆動車でもある。

しかし、電気自動車の電費(電力1kwhで走れる走行距離、エンジン車の燃費に相当)がスピードが上がるにつれて悪化すると同じように、シリーズハイブリッド走行では高速域の燃費が芳しくないため、スピードがおおよそ70km/h以上になると前輪をエンジンで直接駆動するパラレルハイブリッド(エンジンに余剰トルクがあれば、その分は発電機を回す分に使われ、起きた電力はバッテリーに充電する機能も含む)としても機能する。

つまり、アウトランダーPHEVは、8月に実燃費レポートをお届けしたホンダ「アコードハイブリッド」にプラグインハイブリッドと四輪駆動の機能が加わったミドルSUVと考えられる。バッテリー残量が減りハイブリッドカーとして機能する際のハイブリッド燃費はJC08モードで18.6km/hと車重約1800kgのSUVとしては素晴らしい値を誇る。

三菱「アウトランダーPHEV」

四輪駆動システムもスバルと並んで長い経験を誇る三菱自動車らしく、より駆動力を高めるロックモードを持つのに加え、 後輪左右の駆動力を適正化するAYC(アクティブヨーコントロール)などから構成されるS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)となっており、ランサーエボリューション並みの高度な四輪の制御を実現している。

なお、アウトランダーPHEVは今年3月末に納車前の個体からバッテリーの不具合が見つかり、生産を中断するというアクシデントがあったが、原因はバッテリー製造メーカーの生産ミスであったことが判明。

問題があったのは納車前のごく少数の個体だけであったが、万全を期すため納車済みの個体のバッテリーも生産を担当する岡崎工場で交換するという真摯な対応を行った後、8月から生産を再開している(現在は幸いなことにフル稼働状態)

今回のテストでは純正カーナビや運転支援システムe-Assistを装備するG NAVI Pakage(397万8000円、現在30万円の補助金が使えるので実質的な車両価格は367万8000円)を起用。

テストは晴天だった10月17日(木)の早朝から行い、最高気温も22℃程度と燃費計測日和と言えるコンディションだった。

テスト方法はテスト車の受け取り時点ではバッテリーが満充電になっていたため、いつも行っているテストの開始前にEV状態で走行できる走行距離を計測し(結果は市街地編で掲載)、3つの走行パターンでの燃費計測はクルマ任せのハイブリッドモードで燃費を計測した。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アウトランダーPHEVのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アウトランダーPHEVの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アウトランダーPHEVの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アウトランダーPHEVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる