「走る蓄電池」PHEVを防災対策に! 災害時に役立つ三菱 アウトランダー PHEV/エクリプス クロスPHEV

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
先日も記録的な大雨や暴風などの影響により各地に甚大な被害をもたらした台風14号が列島を横断するなど、いつどこで起こるか分からない大規模災害。そんな中、近年では防災・備災目的でPHEV(プラグインハイブリッド)の購入を検討する人も増えていそうです。今回は、2021年度PHEV国内販売台数1位を記録した三菱 アウトランダーPHEVと、同2位を獲得した三菱 エクリプス クロスPHEVをからめ防災力に優れたPHEVの魅力をお伝えします。
目次[開く][閉じる]
  1. 三菱のPHEVを速やかに被災地・避難所等へ提供
  2. PHEVであれば被災時でも電化製品を使える
  3. 三菱が誇るPHEV「アウトランダーPHEV」、「エクリプス クロスPHEV」

三菱のPHEVを速やかに被災地・避難所等へ提供

三菱自動車は2022年8月31日、災害時、停電などが起きた場合速やかに現場に駆け付けるための災害時協力協定(DENDOコミュニティサポートプログラム)を岡山県岡山市と新たに締結しました。これまでも200以上の自治体と同協定を結んでおり、三菱では2022年度内に全国の自治体と災害時協力協定を締結することを目指しています。

災害時協力協定(DENDOコミュニティサポートプログラム)とは、三菱のPHEVを活用した自治体への支援活動で、災害時協力協定を締結し、有事の際では、改めて自治体と相互に必要事項を確認する時間的ロスをなくすことで三菱のPHEVを速やかに被災地・避難所等へ提供するというものです。

また、三菱は自治体だけでなく、気象庁と共同開発の防災アプリを運営する特務機関NERV(ゲヒルン株式会社)とも連携しています。災害による長期停電・通信網途絶に備えた災害対策車両を共同製作。被災各地へ出動、災害対策本部や避難所の支援活動を行っています。

PHEVであれば被災時でも電化製品を使える

ではそもそも、なぜPHEVが防災に有効かというと、大量の電気を確保できるからです。これまでは個人の場合、数日分の電気を蓄えておくことは困難でしたが、PHEVであれば被災時でも電化製品を使えるレベルの電気を利用することができる“走る蓄電池”として活用できます。

三菱が誇るPHEV「アウトランダーPHEV」、「エクリプス クロスPHEV」

2021年度PHEV国内販売台数1位を記録したアウトランダーPHEVは、3代目となる新型(現行型)モデルが2021年に登場。その魅力はなんと言ってもトップクラスの蓄電・発電力です。総電力は20kWhと国産車で1位。燃料タンク容量も56Lと十分で、バッテリーと燃料が満タンの場合だと最大12日分の電力を供給できるハイスペックを誇ります。

さらに、アウトランダーPHEVは急速充電に対応。約38分で80%の充電が可能となっています。また、V2H(Vehicle to Home:PHEVやEVなどに蓄えられた電力を、家庭用に有効活用するシステム)にも対応しており、AC電源は100V/1500Wを2つ備えています。充電・給電能力においても申し分ありません。

車内も広々としており、飲食物や防災グッズの貯蔵庫として活用できるのも好印象。防災力においては最も優秀と言える1台です。

一方、2021年度PHEV国内販売台数2位を記録したエクリプス クロスPHEVも、V2H対応。満充電時で一般家庭の最大約1日分、バッテリーと燃料が満タンの場合だと最大約10日分の電力量を供給することができます。こちらもアウトランダーPHEV同様に1500Wまで対応の100V AC電源を備えています。

動力源としてガソリンエンジンと電気モーターの2つを搭載し、次世代のエコカーとして注目のPHEV。エンジンを発電機としてバッテリーに電気をためることができるため、充電インフラがない環境でも快適な走行が可能。また、三菱のPHEVは外部給電機能を有するため、アウトドアや被災時など、電気不足下においても強い味方になってくれるでしょう。被災時に頼れる“走る蓄電池”PHEV、この機会に自分のライフスタイルに適したモデルを探してみてはいかがでしょうか。

[筆者:MOTA編集部]

三菱/アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEVカタログを見る
新車価格:
393.9万円529.4万円
中古価格:
139.8万円604万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アウトランダーPHEVのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アウトランダーPHEVの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アウトランダーPHEVの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アウトランダーPHEVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる