autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 三菱自、改良で向上したはずの燃費が逆にダウン!燃費の再測定値公表で悪質な内容が明らかに

自動車評論家コラム 2016/6/21 20:50

三菱自、改良で向上したはずの燃費が逆にダウン!燃費の再測定値公表で悪質な内容が明らかに(1/2)

三菱自、改良で向上したはずの燃費が逆にダウン!燃費の再測定値公表で悪質な内容が明らかに

悪化したのに良くなっているように見せかけた

ekワゴンの新届出燃費値ekカスタムの新届出燃費値

三菱自動車の燃費不正問題を受け、三菱自動車は「正しい方法」で燃費計測した数値を発表した。

リストを見て、あまりに酷さに驚く!

例えばJC08モード燃費で30.4km/Lだった最も燃費の良いeKワゴンの『M』グレードと、eKカスタムの『G』グレードは、再計測すると25.8km/Lしか出なかったようだ。15%も水増しした数字を公表していたことになる。よくぞこんなに過大な燃費を出したものだ。全く信じられない。

さらに驚くのは、JC08モード燃費で29.2km/Lと表示した初期型の実力値が26.8km/Lなのに対し、改良を受けて30.4km/Lになったハズの後期型は逆に燃費ダウン。25.8km/Lだったことである。カタログ値だと1.2km/L向上しているのに、実際の実力では逆に1km/L落ちていたのだった。

実力は悪化しているのに、良くなっているように見せかけたのだから悪質である。

また、このくらい実力値と格差あれば、空気抵抗の数値だけでは対応出来ないと思う。というのも、燃費全体に占める空気抵抗の割合は、せいぜい10%程度だと考える。

空気抵抗のデータを15%減らしたって、燃費は15%も良くならない。空気抵抗の数字をゼロにしたって無理だと思う。

もしゼロで申請し、それを国交省の外郭団体が信じたとしたら、これまた大きな問題だと思う。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 eKワゴン の関連編集記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR