autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート MINI 新型 ミニクロスオーバー・ミニペースマン「ディーゼル」試乗レポート/藤島知子

試乗レポート 2014/10/16 10:49

MINI 新型 ミニクロスオーバー・ミニペースマン「ディーゼル」試乗レポート/藤島知子(1/4)

MINI 新型 ミニクロスオーバー・ミニペースマン「ディーゼル」試乗レポート/藤島知子

人気のMINIに待ちに待ったディーゼルモデルが登場

MINI Cooper SD Crossover(ミニクロスオーバー クーパーSD/クリーンディーゼル搭載モデル)[ボディカラー:ジャングル・グリーン(新色)] 試乗レポート/藤島知子 2

『燃費は良く、でも走りは楽しく。』

コダワリをもってクルマを選びたいと願う人にとって、今やパワートレーンもクルマの個性を語る上では欠かせない要素となってきた。知的なイメージと低燃費でハイブリッドカーはすっかり市民権を獲得したが、その一方で、「モーターなんかに頼らずに、効率を高めたエンジンならではの魅力を味わい尽くしたい」という人も多い。

そこで、最近注目度が赤丸急上昇なのがクリーン・ディーゼル・エンジンの存在だ。低回転域から豊かなトルクを発揮する力持ちなエンジンで実燃費の向上が見込めることに加えて、輸入車で主流のハイオクガソリンと比較したら、軽油の燃料代は1リッターあたり20円近くもお得なのだ(2014年10月現在)。

MINI Cooper SD Crossover(ミニクロスオーバー クーパーSD/クリーンディーゼル搭載モデル)[ボディカラー:ジャングル・グリーン(新色)] 試乗レポート/藤島知子 23

日本では大気汚染のイメージを引きずり、絶滅しかけたディーゼル乗用車だったが、CO2の排出に対してペナルティが課せられる欧州ではシェアの大半を占め、その性能と実力を磨きあげてきた。そして、2014年現在、世界一厳しい排ガス基準が課せられる日本では、BMWやメルセデスのSUVのプレミアムカー、国産勢はマツダが「CX-5」から新型「デミオ」まで幅広くラインナップするも、市場全体から見ればまだまだ少数派。

そんな最中、日本市場で輸入車のプレミアム・コンパクト・クラスとして、ディーゼル・エンジン搭載で先陣を切ったのが「MINI CROSSOVER(ミニ クロスオーバー)」と「MINI PACEMAN(ミニ ペースマン)」の2車種だ。両者は初のマイナーチェンジに併せてディーゼルモデルが追加されたが、MINI持ち前のゴーカートフィールや個性的なキャラにどのような影響をもたらすのか、気になる人も多いことだろう。

[マイナーチェンジの変更点とは・・・次ページへ続く]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ミニ ミニクロスオーバー の関連編集記事

ミニ ミニクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクロスオーバー の関連編集記事をもっと見る

ミニ ミニクロスオーバー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR