メルセデス・ベンツ F015 Luxury In Motion 海外試乗レポート/清水和夫(1/3)

  • 筆者: 清水 和夫
  • カメラマン:メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ F015 Luxury In Motion 海外試乗レポート/清水和夫
画像ギャラリーはこちら

「これぞ、コンセプトカーの王様!」と感心したのがメルセデス・ベンツの自動運転を可能とする未来の自動車「F015 Luxury In Motion」だ。

今年の1月のCESとデトロイトショーで発表されたが、今回はサンフランシスコでワークショップが開催された。

F015は実験車なので、市内から少し離れた飛行場跡地で試乗することになった。といってもハンドルを握らない試乗会は初めてだ。

自動運転が話題となっているので、F015がどのくらい進んだシステムを持っているのか気になるところだが、実際はそこではなく、自動運転車を手段として考えた時に、どんな価値が提供できるのかというコンセプトなのである。

したがって「完全自動運転」という言葉にあまり翻弄されないで、しっかりとメルセデスの考えを取材してきたのでレポートしたい。

未来の高級車として誰が一番なのか

自動運転の開発競争が激化するが、その急先鋒にいるのがメルセデスだろう。VWコンツェルンの名誉を担ってアウディもこの領域では世界で一番を目指している。

だが、メルセデスは高級車のトップランナーとして100年も君臨してきただけに、自動運転の時代でもメルセデスが高級車として認められるためには、どんな価値を提供すべきなのか。そのビジョンがF015に込められている。

だから今回のワークショップでは自動運転が目的ではなく、その先にどんな意味や価値を提供できるかが論点であった。

パワートレーンはバッテリーや水素燃料電池による電気駆動を想定している。試乗できたプロトタイプはバッテリーEVであったが、重要なことは車両パッケージである。バッテリーやモーターの配置の自由度が高いので、前後のオーバーハングが短く、タイヤはボディの四隅に配置されている。

全長5220×全幅2018×全高1524(mm)は立派な体格だ。

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 和夫
筆者清水 和夫

1954年生まれ。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開し自動車国際産業論に精通する。一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる