autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる 3ページ目

試乗レポート 2016/4/6 16:38

メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる(3/3)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 清水 和夫 Photo: ダイムラーAG
メルセデス・ベンツ新型Eクラス(W213)、先進技術満載で夏ごろ日本導入!新しい価値はEクラスから始まる

荒れた路面でもSクラスゆずりの快適性

メルセデス・ベンツ新型Eクラス

メルセデスはディーゼルだけでなくPHEVにも力を入れる。

新型EクラスにもC350eと同じようなシステムを持つE350eが存在する。C350eとの違いは9Gトロニックが採用され、バッテリーもモーターも進化しているので、パフォーマンスが向上している。

EV走行距離は約30kmで、EV走行の最高速度は130km/h。こまめに充電できるならオススメしたいが、バッテリーが空だと重いバッテリーが仇となることもある。PHEVを買う人は自分のライフスタイルと相談してからにしよう。

ドライバー・アシスト・システムも進化している。従来のミリ波レーダーとステレオカメラのセンサーフュージョンを駆使し、様々なニーズに対応している。

新機構としてはテスラに続いて自動追い越し機能付ディストロニックが実用化された。商品名は「アウトバーンパイロット」と呼ばれ、現在EU内ではドイツのみで認可されている。

実際にためしてみたが、ウインカーを使うだけで、となりのレーンに自動で車線変更が可能で、ついに自動運転の世界の入り口に立った気がした。

さらに進化したアテンションアシスト!

メルセデス・ベンツ新型Eクラスメルセデス・ベンツ新型Eクラスと筆者の清水和夫氏

気になった機能は進化したアテンションアシストだ。ハンドルから手を離すとアラームがなるが、2~3回アラームを無視すると速度が自動的に低下し、最終的にはハザードが点灯して緊急停止する。もし、運転中に身体的な異常が発生しても最悪の事態は防げそうだ。

iPhoneを使ってリモートコントロールの自動パーキング、電話回線を使ったVtoXのコネクトシステム。まるでシリコンバレーに開発センターがあるのではと思うほど、先進技術にも積極的だ。

最後に試乗した印象を述べるが、試乗車にはエアサスペンションが備わっており、Sクラスゆずりの快適性が味わえた。荒れた路面もタイヤが見事に包み込む。しかしバネ上のボディはほとんどフラットライドだった。

新開発の2リッターディーゼルは、もはや、従来のディーゼルの常識を覆すほど静かで走りやすかった。日本ではガソリンターボも導入されるはずだが、ディーゼルとPHEVは十分に競争力があると思った。

[Text:清水和夫]

筆者: 清水 和夫

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR