メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)試乗レポート/九島辰也(1/2)

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)試乗レポート/九島辰也
メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205) メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205) メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205) メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205) 画像ギャラリーはこちら

「メルセデスの本気」新型Cクラス

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)

本田圭佑選手の出演が印象的なメルセデス・ベンツ新型CクラスのテレビCM。日本代表の成績がもう少しよかったら……と思わずにいられないのはワタクシだけではないだろう。

それはともかく、「メルセデスの本気」に北海道で触れてきた。新型Cクラスのテストドライブである。場所は女満別空港を基点とした屈斜路湖とその近郊。緑深い木々を横目にクルマを走らせた。

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)

すでに多くの情報がネットでも飛び交っているが、新型となるW205の特徴はそのボディシェルにある。約半分をアルミニウムで占めることでボディ剛性アップと軽量化を実現した。先代比70キロの減量は立派である。また、アルミとスチールの結合部分に新技術を使い、異素材を見事につなぎ合わせている。つまり、開発と生産性両面での進化を大きくうたっているということだ。

では、自然の中で拝んだその第一印象だが、それ自体は発表会や写真で見たのと大きく変わらなかった。というか、前からあったのではないかと思うくらい違和感がない。それは「Sクラス」「Eクラス」といった兄弟車とデザインキューを共有しているからだ。その点で目新しさに欠けるといえばいえなくもないが、メルセデスのイメージからすると、まさに順当である。

ただヘッドライトとテールライトをすべてLEDにしているのはさすが。このカテゴリーでは他にない。各社フラッグシップでいえば「Sクラス」、BMW「7シリーズ」、アウディ「A8」がそれを採用しているだけだ。なるほど、高い技術が使われている。

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)

ダッシュパネル全体にレザーを使用し、見た目はかなりラグジュアリーに

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)

それじゃインテリアはどうか。じつはここが一番驚いた部分。というのも、ダッシュパネル全体がレザーで覆われていたからだ。これは前述したフラッグシップモデルなどで使われる手法で、ジャガー「XJ」あたりも採用している。見た目にかなりラグジュアリーで、これまでのイメージを格上げするといっていい。硬質プラスチックのそれとは別モノだ。

そしてセンターパネルの一枚ウッドパネルがさらに高級感を醸し出す。このレザーとウッドのコントラストはすばらしい。と同時に、各部にスイッチ類も大きく変わる。インターフェイスは世代がひとつ進んだといった印象だ。

[次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)
1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Cクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Cクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Cクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Cクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる