マツダ 新型CX-5は「CX-50」に名称変更で2022年デビュー!? 新世代 縦置き直6エンジン+ハイブリッド+4WDレイアウトに大進化へ

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
マツダの人気SUV「CX-5」が、いよいよ3代目にフルモデルチェンジし、新型「CX-50」へ進化する。早ければ2022年にもその姿を現す見込みだ。2012年登場の初代以来、常に近年のマツダ車における新世代技術を採用し続けてきたCX-5だが、新型CX-5(CX-50)も、縦置きエンジンレイアウトの新開発プラットフォームを搭載する。

>>2022年にもフルモデルチェンジ!? マツダ 新型CX-5(CX-50)のスクープイラストを見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 常にマツダの新技術をリードし続けてきた「CX-5」 3代目も次世代の縦置きエンジンレイアウト技術を真っ先に投入へ
  2. 縦置きエンジンレイアウトの次世代技術を2022年デビューの3代目新型CX-5より反映か
  3. 3代目モデルはCX-5から車名を「CX-50」に変更か!?

常にマツダの新技術をリードし続けてきた「CX-5」 3代目も次世代の縦置きエンジンレイアウト技術を真っ先に投入へ

初代「マツダ CX-5」(2012年~2016年)は、近年のマツダが取り組む新技術群“SKYACTIV(スカイアクティブ)”戦略を開発段階から反映し、華々しく登場した。

新開発のプラットフォーム(スカイアクティブシャシー)やクリーンディーゼルエンジン(スカイアクティブD)などの最新技術を採用。マツダ新世代商品群の第一弾モデルとして、新世代マツダ車のけん引役となった。

続く2代目CX-5(2016年~:現行型)も初代同様、年々マツダの最先端技術を反映しながら、今も進化を続けている最中だ。

そして2022年、3代目となる新型CX-5がいよいよ登場する見込みだ。しかも初代が担ったように、マツダの次世代技術を反映する第一弾モデルとなる。

縦置きエンジンレイアウトの次世代技術を2022年デビューの3代目新型CX-5より反映か

マツダではかねてより、次世代技術群「縦置きアーキテクチャー」として、従来の横置きエンジンレイアウトに代わる新開発プラットフォームの存在を中期経営計画発表の場などで明かしていた。

こちらは次期CX-5・CX-8・CX-9(海外向け大型3列シートSUV)・マツダ6などラージクラス向けの技術となる。

縦置きレイアウトということから、FR(後輪駆動)モデルとも噂されているが、4WDレイアウトを基本とする模様だ。同様のレイアウトを採るアウディをイメージするとわかりやすいかもしれない。

スカイアクティブX、ディーゼル、ガソリンの各直列6気筒・4気筒エンジンを搭載。これにプラグインハイブリッドや48Vマイルドハイブリッドなどを組み合わせる。さらにマツダが世界唯一量産化に成功したロータリーエンジンを発電機とする「レンジエクステンダーEV」(発電機能付きの電気自動車)も展開するようだ。

これらマツダの次世代技術を、次期3代目CX-5から採用していくという。

3代目モデルはCX-5から車名を「CX-50」に変更か!?

新型CX-5は、早ければ2022年にもフルモデルチェンジを実施し公開される見込み。ただし実際の市販化は2022年後半から2023年になってしまうかもしれない。上で記した次世代技術群を最初に搭載するモデルとして、車名も「CX-50」に改められる模様だ。

流麗なフォルムを特徴とした初代および2代目CX-5に対し、新型CX-5はもう少しスクエアなフォルムを採用し、見た目にもう少し大きく見せるデザインとなる。これは特に北米市場での要望が大きいようだ。フロントグリルも現状よりも四角く立派な形状に近づくだろう。

ただしTOPのイラストで示した通り、グリル開口部を小さくしたMX-30のような別デザインで、クーペSUVの兄弟車「MX-50」が誕生する可能性も高い。コンパクトSUV「CX-30」と「MX-30」の関係が、ラージクラスにも誕生する。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円414.2万円
中古価格:
75万円390.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる