MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート よりLEXUSらしくラグジュアリーに/レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/11/26 12:38

よりLEXUSらしくラグジュアリーに/レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート(3/5)

関連: レクサス RX Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
よりLEXUSらしくラグジュアリーに/レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート

乗り込んだ瞬間、シックな高級感に「クラッ」

レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート/今井 優杏

今回の試乗ではハイブリッドシステムを搭載するRX450h(FF)と、2リッター直噴直4ターボを搭載するRX200t(FF)、ともに上級グレードの「バージョンL」に試乗した。

内装に本革を採用した「バージョンL」は、乗り込んだ瞬間シックな高級感にクラっと酔っちゃうみたいにゴージャス。内装の作り込みの手法でいえば、一皮むけたねレクサス!とその洗練に感嘆すること間違いなしだ。

きめ細やかな操作感にもレクサスの進化ぶりを発見

レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート/今井 優杏レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート/今井 優杏

インテリアの一部のように、センターコンソールにそっと配されたナビ関係の操作パネルも、ホイールベースの延長のおかげかNXで若干感じた窮屈さがなく、非常に使いやすく改良をされていた。レクサス独自の、キノコのようなレバーでカーソルをコリコリコリと動かすナビの操作感も、クリック感やカーソルの動きの滑らかさともに格段に進化し、一昔前のクセは払しょくされている。また、アップル製品みたいなクリーンな画面のフォントもどことなくオシャレになった。

レクサスは最近、こういう感情的な部分をとても大事にしている。質感の作り込みにものすごくこだわりを持ち、オシャレ番長の座を虎視眈々と狙っているということに気付いているだろうか。トレンドをきっちりマークしているということ、そういう部分でも最近のレクサスの進化の方向から目を離せない私だ。

アメリカンなテイストのゆったりふわっとシート

レクサス 新型 RX200t・RX450hハイブリッド 試乗レポート/今井 優杏

身体を預けるシートもゆったり、かつふわっと背中を受け止めるコンフォート仕上げ。

この辺、他のレクサスのスポーツタイプやセダンともちょっと性格を分けている。やっぱりアメリカで何代も愛されているRXは、シートもアメリカンな好みを反映している。

[RX450h、走らせてみてどうだった!?・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス RX の関連編集記事

レクサス RXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RX の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR