autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】レクサス CT200h [2013年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2014/3/27 15:49

【試乗】レクサス CT200h [2013年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/九島辰也(1/2)

関連: レクサス CT Text: 九島 辰也 Photo: 和田清志
【試乗】レクサス CT200h [2013年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/九島辰也

レクサス CT200hのマイナーチェンジにより、走りの質が大きく向上!

pレクサス CT200h F SPORT【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】と九島辰也さん

「変わった、素晴らしく良くなった」

マイナーチェンジが施された「レクサス CT200h」のステアリングを握ったときの率直な感想である。これならば、現行の「レクサス GS」からはじまった“新世代レクサス”の走りにしっかりマッチしていると断言できる。

正直に言ってしまうと、実はいままでCT200hにはネガなイメージが付いてまわっていた。エクステリアデザインは悪くないし、ハッチバックにもかかわらず高級感もある。さらにインテリアは「クラストップ」ともいえる仕上がりで、レクサスの目指すプレミアム感を具現化していた。

だが、走りに関してはどうもイマイチと感じていた。どことなく“ユル”くて「なんとなしに前へ走り出す」感覚がどうしても馴染めなかったのだ。言ってしまえば、いわゆる「1世代前のトヨタ」的であり、そこにエモーショナルなテイストを感じることは出来なかった。

もちろん、それがレクサスの目指すところであればそれでもいい。

だが、冒頭にも記したように「GS」「LS」さらには「IS」はいづれも走行パフォーマンスが向上し、運転する楽しみを感じさせるつくりをなしている。ならば、CTもそうでなくてはならないはずだ。価格帯的にもより多くのレクサスオーナーを生む車種なだけに、それは急務かつ重要なポイントである。

それが、ついに今回のCTのマイナーチェンジによって見事に実現した。

いま、彼らの目指す走りがCT200hに再現されている。

レクサス CT200h F SPORT/フロントエクステリア7:3【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/リアエクステリア7:3【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/エクステリア(前)【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/エクステリア(後)【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/サイドエクステリア【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】

CT200hの試乗会におけるプレゼンテーションでは、4つのポイントについて触れられていた。

それは、

「乗り心地の向上」

「静粛性の向上」

「CVTのリニア感の向上」

「空力性能の向上」

だ。中でも個人的に感心したのは、「乗り心地の向上」と「CVTのリニア感の向上」の2つ。これは、走り出してすぐに体感することが出来たのだ。

レクサス CT200h F SPORT/フロントエクステリア寄り【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/LEDヘッドランプ【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/レクサスエンブレム【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/電動格納式ドアミラー【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/F SPORT専用リアバンパー(ロア専用塗装+メッシュベゼル)【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】
レクサス CT200h F SPORT/F SPORT専用リアバンパー(ロア専用塗装+メッシュベゼル)【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/エアロスタビライジングフィン【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/レクサスエンブレム【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/CT 200hエンブレム【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】レクサス CT200h F SPORT/F SPORT専用リアスポイラー【ボディカラー:マーキュリーグレーマイカ】

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス CT の関連編集記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR