ランボルギーニ「ウラカン EVO」日本初公開|トレンドを踏襲した新機能“LDVI”を搭載

  • 筆者: 野村 浩一(オートックワン編集部)
  • カメラマン:オートックワン編集部・ランボルギーニ

地上52階でウラカン EVOを日本初公開

ランボルギーニは2019年3月8日、東京・六本木にあるTOKYO CITY VIEWにて「ウラカン・ペルフォルマンテ」のエンジンを採用した新型「ウラカン EVO」を日本初披露した。価格は2984万3274円(税抜)で、2019年春から順次デリバリーされる予定だ。

ウラカン EVOは、ウラカン・ペルフォルマンテの性能を基に最先端の車両力学性能を集結させた“V10”の進化モデル。

ランボルギーニ史上最高の5.2リッター自然吸気V型10気筒エンジンを特徴としており、最高出力640馬力、最大トルク600Nmを発揮。また停止状態から2.9秒で100km/hに到達、最高時速は325km/hを超えるというランボルギーニらしい“モンスターマシン”だ。

なお今回の発表イベントには、アウトモビリ・ランボルギーニ カントリーマネージャーのフランチェスコ・クレシ氏と、ウラカン EVO ローンチ プロジェクトマネージャーのヴィットリオ・ミラノ氏が登壇した。

>>ウラカン EVOの内外装を画像で見る

ウラカン EVO 主な3つの特長

ウラカン EVOで最も重要なシステム“LDVI”

ウラカン EVOには、4輪全てに作用するトルク・ベクタリング・システムが採用されている。これはクルマがカーブを曲がる際に内側のタイヤにかかるトルク配分を変え、相対的に外側のタイヤの回転力を上げてコーナリングを行いやすくする機能。

その中でも注目なのは新機能であるLDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)だ。LDVIは、ドライバーの意図と周囲の状況に合わせてクルマの動き全体を制御し的確なレスポンスを生むシステム(フィードフォワード制御)。ミラノ氏はこれを「オーケストラの指揮者」と表現した。

新たに採用された8.4インチタッチディスプレイ

ウラカンEVOのセンターコンソールに、新たなコネクティビティとして8.4インチのタッチディスプレイが備えられた。

これに新機能である“LDVI”が表示され、車両の状態をリアルタイムで確認できるほか、シートや温度調節など様々なインフォテインメントを操作できる。

空力性能とデザイン

ウラカン EVOのデザインは「ウラカン」を基にしつつ、空力性能を高めることにスポットが当てられている。まずフロントバンパーに一体型ウィングを備えたスプリッターを採用。

さらにスロットル付きリアスポイラーやボディアンダーの空力性能を最適化したことによりダウンフォースで7倍、空力性能が6倍に改善された。

登壇者のコメント

フランチェスコ・クレシ氏

ウラカン EVOは、ウラカン・ファミリーの最新モデルです。2003年に初めて自然吸気V10エンジンを搭載し、スーパースポーツカー市場に参入したガヤルド以来の進化がウラカンです。

2014年に発売したウラカンは発売から約4年で1万台以上のデリバリーとガヤルド以上に好調な売り上げを記録し、ランボルギーニ史上最も成功を収めています。

そして、次なるウラカンのエボリューションとして、私たちの車の能力を新しいトレンドに適応させるとともに、新たな能力も身に付け、次なる動き、そして、何が次に起きるのかを予測する必要があり、このウラカン EVOを開発いたしました。

ヴィットリオ・ミラノ氏

LDVIは、例えばそれぞれの楽器が最高の音を出せるように全体の統括をするオーケストラの指揮者のようなもので、すべてのビークルダイナミクスシステムを直接制御する中央処理装置です。

脳が体全体を指揮するように、ドライバーの意図と周囲の状況を考慮し、インプット、運転環境、ドライビングモードの設定など車の様々な動きを予測します。

また、従来は外部入力に反応して機能するフィードフォワードロジックを採用しておりましたが、ドライバーの要求に応じようとして、タイムラグや遅れが生じてしまいます。

一方、LDVIは車両の望ましい挙動を実現するための各アクチュエーターの動作をLDVIが予測できるフィードフォワード制御というアプローチを採用し、この予測がドライバーに理想的な走行ができるように車をコントロールするのです。

ウラカン EVO スペックと価格

ランボルギーニ ウラカン EVO
エンジンV型10気筒 DOHC
駆動方式4WD
価格(税抜)2,984,3274円
全長4520mm
全幅(車幅)1933mm
全高(車高)1165mm
ホイールベース2620mm
乗車定員2人
車両重量(車重)1422kg
排気量5204cc
エンジン最高出力470kW(640ps)/8000rpm
エンジン最大トルク600N・m/6500rpm
トランスミッション7速AT

[筆者:オートックワン編集部/撮影:オートックワン編集部・ランボルギーニ]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者野村 浩一(オートックワン編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ランボルギーニ ウラカンの最新自動車ニュース/記事

ランボルギーニのカタログ情報 ランボルギーニ ウラカンのカタログ情報 ランボルギーニの中古車検索 ランボルギーニ ウラカンの中古車検索 ランボルギーニの記事一覧 ランボルギーニ ウラカンの記事一覧 ランボルギーニのニュース一覧 ランボルギーニ ウラカンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる