autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ アフターファイヤーとは?マフラーから炎が出る原因と対策、バックファイヤーとの違いを徹底解説

自動車購入ノウハウ 2018/5/23 00:22

アフターファイヤーとは?マフラーから炎が出る原因と対策、バックファイヤーとの違いを徹底解説

車の炎上で思い浮かぶドラマ「西部警察」!? 毎回良く燃えていました  【製作著作:株式会社石原プロモーション】
車の炎上で思い浮かぶドラマ「西部警察」!? 毎回良く燃えていました  【製作著作:株式会社石原プロモーション】新型ミニ 3ドア マフラー[西部警察]大門が駆るS130型 日産 フェアレディZ ” SUPER Z”(ガルウィング)画像ギャラリーはこちら

アフターファイヤーとは?

マフラーから炎が噴き出る現象

マフラーから炎が噴き出す現象をアフターファイヤーといい、“ミスファイヤー”あるいは“アフターバーン”と言われることもあります。

モータースポーツやショーでのパフォーマンスで見たことがある方もいるかもしれませんが、もしも普段乗っている車で起きるようであれば、それは基本的にはエンジントラブルが原因です。今回はその原因や対策を紹介します。

アフターファイヤーはエンジンの不調、火災の危険もあるので即点検を

アフターファイヤーはエンジン内で燃焼する混合気や点火プラグ(スパークプラグ)、コンピューター(ECU)やセンサー類の異常によって起きます。しかもエンジン本体や車両の火災につながるなど非常に危険なので、もし自車で起こるようであれば、すぐに点検・修理を行うようにしましょう。

■【画像】全部わかったらすごい!いろんな車のマフラー画像集

アフターファイヤーの原因は何?

アフターファイヤーの原因1:混合気が濃すぎる

通常エンジンはシリンダー内で燃料を燃焼させて爆発を起こし、これを回転エネルギーに変えることで動力を発生させています。この燃焼に使われるのが、気化した燃料と空気が混じりあった気体で、これを“混合気”と呼びます。

アフターファイヤーの原因で多いのが、この混合気が濃すぎることです。混合気が濃すぎると、シリンダー内で燃料を燃焼しきれず、排気時に燃料が一緒に排出されてしまいます。これが発火し、エキゾーストパイプやマフラー内での燃焼につながってしまうのです。

コンピューター(ECU)やセンサー類の異常で混合気が濃くなる

ホンダ シビックタイプR

混合気が濃くなることのそもそもの原因は様々ですが、主なところではコンピューター(ECU)やセンサー類など点火システムの異常が多いです。

例えば電気を各気筒に配分するECUやセンサーは、水が入り込むことで漏電し、故障の原因になる場合があります。

また、このように電子制御している車両よりも故障の原因になりやすいのが、古い燃料噴射方式であるキャブレーターを使用した車です。最近はほぼすべての車両に電子制御式燃料噴射装置が採用されているので、アフターファイヤーは以前に比べてかなり起きにくくなっています。

混合気が濃いと起こる“プラグかぶり”ってどんな状態?

混合気が多いときに発生するもう一つのトラブルが、燃料が燃え切らずにシリンダー内で液化することで、点火プラグが濡れてしまうことです。この状態を“プラグが濡れる”“プラグがかぶる”と表現します。

プラグかぶりが発生するとシリンダー内のごみや燃えかす(カーボンスラッジ)がプラグに付着し、正常な点火が行われなくなる可能性があります。これがアフターファイヤーを含むさらなるエンジントラブルの原因になります。

アフターファイヤーの原因2:混合気が薄すぎる

上記と反対に、混合気が薄すぎることがアフターファイヤーの原因になることもあります。混合気が薄過ぎても不完全燃焼状態になり、混合気が燃えきらないままマフラーに排気されてエキゾーストマニホールド内で引火。アフターファイヤーが起きます。

この場合も直接の理由は、コンピューター(ECU)やセンサー類の異常であることが多いです。

アフターファイヤーの原因3:点火タイミングが遅すぎる

更に点火タイミングが遅すぎることでアフターファイヤーが発生するケースもあります。エンジンの燃焼をつかさどる点火プラグが誤作動することで点火タイミングが遅れ、排気に引火しアフターファイヤーが起こるのです。

点火プラグの異常が発生する原因の一つには、上記のように燃料が濃すぎてプラグが濡れることがあります。他にもエンジン内部でカーボン、カーボンスラッジと言った燃えカスが蓄積している場合もプラグの異常が起こり得ます。

適切なオイル交換でカーボンスラッジの蓄積を予防しよう

カーボンスラッジの蓄積はエンジンオイルの適切な交換で予防することができます。エンジンオイルの交換時に、古くなったカーボンスラッジを一緒に排出するためです。

裏を返せば、エンジンオイル交換を疎かにした車両だと、アフターファイヤーが発生するリスクが高まることを意味します。

アフターファイヤーが起きるとどうなる?

マフラーや触媒が燃えて、マフラー交換が必要になる

アフターファイヤーが発生すると、当然エキゾーストパイプやマフラー、触媒にかなりのダメージを与えることになります。特に頻繁に起きるとオーバーヒートを引き起こします。

その結果エキゾーストパイプやマフラー、触媒が燃えて、交換が必要になります。

更に悪化するとバンパーに延焼、車体が全焼するリスクも

またエキゾーストパイプやマフラーだけに飽き足らず、炎がマフラーから噴き出すことでバンパーに延焼したり、車両全体に燃え広がる可能性もないとは言い切れません。

小規模だから、回数が少ないからと安心せず、適切に対処しましょう。

アフターファイヤーとバックファイヤーの違いとは

マフラーの後ろに炎が出るのがアフターファイヤー、燃焼過程を逆行するのがバックファイヤー

アフターファイヤーとバックファイヤーは名前的に同じ現象と思いがちですが、発生メカニズムも原因も大きく異なります。

アフターファイヤーは燃焼しきれなかった混合気がマフラーに排気されてエキゾーストマニホールド内で引火するものです。つまりアフターファイヤーは燃焼過程の不良によってマフラーの後ろ、もしくはマフラー内で炎が出るわけです。

他方バックファイヤーは、シリンダー側からエアクリーナーの方に燃料ガスが逆流し、キャブレーター内で燃焼が起きてしまうものです。この“バック”は後ろという意味ではなく、戻るという意味のバックなのです。

バックファイヤーの発生原因もアフターファイヤー同様、混合気が薄いことや点火タイミングがずれることです。しかし、バックファイヤーは減速キャブレーターエンジンで起こるケースがほとんどで、電子制御エンジンではあまり発生しません。

バックファイヤーはエンジン内部の燃焼異常、延焼のリスクがあるので危険

またバックファイヤーは、アフターファイヤー以上に火災のリスクが高いです。

これはアフターファイヤーが排気管内燃焼又は排気管出口から炎が吹き出す現象なのに対し、バックファイヤーはエンジン内部の燃焼異常だからです。

ひどい場合は延焼し、車両の全焼ににつながる恐れもあるので危険です。

もしアフターファイヤーが起きたら迷わず修理へ

Drivemanの取り付けは全国どこの販売店、整備工場でもOK

アフターファイヤーの原因は先に見てきた通り、主なものでは点火プラグやコンピューター(ECU)、センサー周りの異常です。

原因究明も含め一般の人にはひとえに解決できる問題ではないので、発生したら迷わず点検・修理を依頼するようにしましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR