autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 使用済みのエンジンオイルってどのように廃棄されているの?

自動車用語 2011/1/18 12:04

使用済みのエンジンオイルってどのように廃棄されているの?

使用済みのエンジンオイルってどのように廃棄されているの?

使用済みのエンジンオイルってどのように廃棄されているの?

私はオイル交換の際、ディーラーやガソリンスタンドに持っていって交換してもらうのですが、ピットの人が使用済みのドス黒いオイルを、変な形のタンク?バケツ?に流し込んでいるのを見ます。

場所によっては洗面台のような陶器でできたところに流し込んでいます。あれって結局どこに流れてどの様に処理されているんですか。そのままどこかのドブとか川に流れてないですよね。(森の石松)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

エンジンオイルの交換イメージ

使用済みのエンジンオイルはどこに行くんでしょう?

自分で交換した場合は、油吸着材に吸いこませて燃えるゴミとして出したりしますけど、毎日大量に処理している修理工場やガソリンスタンドでは、そんなんじゃ間に合いません。しょうがなくて、そのままどこかのドブ川に流しているとか?

いえいえまさか。そんなドブ川なんて、いまどきあるわけありません。中国ではそういう処理もありそうな気がしますが、日本でそんなことをしたら、すぐに大騒ぎになります。では、廃油はどうなるんでしょう。

森の石松さんが見た「変な形のタンク」や「洗面台のようなところ」は、廃油タンクです。

使い古しのエンジンオイルやギアオイルなど、廃油を全部ゴチャ混ぜにして、溜めておく容器ですね。で、それはどうなるのかというと、定期的に廃油回収業者がやってきて、持ってってくれるんです。

廃油回収業者は、無料か、量がまとまっていれば若干お金を払って、修理工場やスタンドから廃油をもらいます。

それを、遠心分離機&フィルターで処理して再生重油にし、工場のボイラーなどの燃料として販売するんです。

廃油って、意外と役に立つんです。エンジンオイルなどは、自分で交換すると、捨てるか、お金を払ってスタンドなどで引き取ってもらうしかないですけど、お店で交換すると、交換工賃はかかるけど、最終的にはリサイクルされるのでエコです。

MJブロンディの「ひとりごと」

ただ、油吸着材に吸わせて燃えるゴミで出すのが必ずしもイカン、というわけじゃないです。

燃えるゴミを燃やした熱は、清掃工場で発電に使われています(煙は徹底的に集塵・清浄化されます)。なので、ゴミに燃えやすいモノが入っているのは、ある意味歓迎なんです。

近年、東京都ではプラスティックゴミが「燃えるゴミ」扱いになりましたけど、それは、埋め立て処理場の節約に加えて、清掃工場の発電量増加を狙っているんですね。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】からも投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!