イギリス生まれの超ド級マシンをサーキットで解き放つ|ジャガー&ランドローバー SVOモデル試乗(2/4)

画像ギャラリーはこちら

コンパクトボディにハイパワーエンジンという様式美|ジャガー Fタイプ SVR

広い室内空間とラゲッジスペースを持ち、高い運動性能まで備えたFペイス SVRは、まさに裕福層の欲望を叶えるマルチパーパス・スーパーカーだ。

そんなFペイスに対して、Fタイプクーペ版SVRはソリッドな世界観を楽しませてくれた。

低く構えたボディ。それが織りなすタイトな2シーターのコクピット。リアタイヤ近くに座り575PSのパワーを操る感覚は、古典的なスポーツカーの文法通りである。

しかしながら駆動方式はFペイスと同じくFRベースの4WDとなっているため、その操縦性には、後輪駆動モデルのような危うさは見られない。

むしろ緊張しているのはドライバーの方であった。低い着座位置が織りなす体感速度の高さ。Fペイス SVRに比べて300kg!以上軽いボディが織りなす旋回Gの高さや、操舵応答の速さに対して、こちらが少し身構えてしまうのだ。

ちなみにその足回りは、Fペイスや後述するレンジローバースポーツのSVRよりも少し硬めである。縁石で跳ねるようなものではないが、ストローク量が短い中で高出力に対する安定性を保ち、スポーツカーらしい俊敏性を与えるために、こうした味付けになっているのだと思われる。

575PS/700Nmのパワー&トルクに対しては、前述したAWDに加え21インチの大径タイヤと電子制御ディファレンシャルが、きっちりとトラクションを確保してくれる。ただ4WDのトルク制御が安定方向なのか、コーナーではやや曲がらない印象を受けた。ノーズにV8エンジンを積み4輪を駆動するレイアウトを考えればそれも当たり前なのだが、このフロントタイヤが少し遠い運転感覚も、ドライバーとの一体感にやや欠ける印象を生み出している。

2013年から使い続けるシャシーに対して、ややパワーが勝っている現状を、SVOは巧みにAWDとサスペンションのセッティングでバランスさせているのだろう。もしFタイプクーペが次世代になったら、もっとしなやかな足回りで、曲がるスポーツカーになるのではないだろうか。

とはいえこのコンパクトな車体にV8エンジンをブチ込む英国流の様式美は雰囲気満点で、その気品のなかに見え隠れする野蛮さと硬派なテイストはとても魅力的に感じる。

むしろ速さを突き詰めるよりも、こうしたエモーショナル性能を味わうためにFタイプクーペは存在すると思う。

ジャガー Fタイプクーペ SVR 5.0L P575 AWD 主要スペック比較表
車種名Fタイプクーペ
グレード名SVR 5.0L P575 AWD AT
価格(消費税込み)1820万円
全長×全幅×全高4475mm×1925mm×1315mm
ホイールベース2620mm
駆動方式4WD
車両重量1840kg
乗車定員2名
エンジン種類V型 8気筒 DOHC
総排気量4999cc
エンジン最高出力423kW(575PS)/6500rpm
エンジン最大トルク700Nm(71.4kg・m)/3500rpm
トランスミッション8速AT
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)8.1km/L
タイヤサイズ255/35ZR20
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ジャガー Fペイスの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fペイスのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fペイスの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fペイスの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fペイスのニュース一覧

ランドローバー レンジローバースポーツの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー レンジローバースポーツのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー レンジローバースポーツの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー レンジローバースポーツの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー レンジローバースポーツのニュース一覧

ジャガー Fタイプクーペの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fタイプクーペのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fタイプクーペの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fタイプクーペの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fタイプクーペのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事