イギリス生まれの超ド級マシンをサーキットで解き放つ|ジャガー&ランドローバー SVOモデル試乗(4/4)

画像ギャラリーはこちら

5リッターV8スーパーチャージャーをFRで味わう|ジャガー XJR575

ジャガーの最上級サルーンであるXJシリーズ。その最もハイパフォーマンスなグレードとなる「XJR575」にも試乗することができた。

その名称通りXJR575は、575PSを発揮するハイパワーサルーンだ。SVRのバッジこそ付かないが、時系列的には一番最初に5リッターV8スーパーチャージャーユニットを搭載し、575PSを達成したモデルである。

そんなXJR575に鞭を入れると、ジャガーの古き良きデカダンスをこれでもか! というほど味わうことができる。なぜならXJR575は、575PSのパワーを後輪だけで受け止める、超古典的なジャガーだからである。

当然ながらこの高出力化に対して、足回りも強化されている。その足下には20インチのハイグリップタイヤを履き、足まわりには可変ダンパーを奢るなどして、それなりのスタビリティを確保してはいる。

しかしモードを「ダイナミック」に転じても、サーキットレベルの高荷重領域では少し減衰力が高まるくらいに感じられ、基本的にダンピング特性はしなやかさを失わない。また電動パワステも、実に往年のジャガーらしい、軽い操舵感を保ち続ける。

そしてこの軽さ、ひいては危うさが575PSのパワーと絡み合ったとき、超古典的な世界観が炸裂するのである。

フロントにV8エンジンを搭載するフルサイズのセダン。長いホイルベースも相まって、その回頭性はスポーツカーのように従順ではない。本来であればこうしたタイトなコースよりも、ロングコーナーをハイアベレージで走る方がXJR575には合っている。

それでもロールを積極的に受け入れるサスペンションを駆使して荷重をコントロールすると、XJR575はその長いノーズをコーナーの内側へとネジ込んで行く。

ここからアクセルを開けて行くには、それなりの勇気とテクニックが必要だ。

スタビリティコントロールを解除したXJR575は、いともたやすく後輪のグリップを奪い去る。アクセル操作に対するトルクの立ち上がりは素早い上に強烈で、その長いテールを瞬時に振り出してしまう。

このとき同じく長いホイールベースがなんとかスピンモードを抑え込み、軽いパワステがカウンターステアを素早く切らせてくれるものの、正直もう少しだけトラクションが欲しいと感じる。

狭いスイートスポットを理解し、そこにアクセル開度を合わせることができればリズムは作れる。ドリフトアングルを維持しながら走り続けることは可能だが、こうした運転が身についていないのであれば、スタビリティコントロールは切らない方が身のためだ。

本来であればもう少し足回りをしっかりと硬め、ディファレンシャルのオン側ロック率を上げたいところ。それこそがSVOのやるべきことだと思うのだが、末期モデルにそこまでのテコ入れはしないのだろうか?

その一方で、こうした操縦性を4ドアサルーン与えてしまう野蛮さに、古き良き時代の魅力を感じてしまうのも事実である。昔はこうしたモンスターに乗るために何が必要なのかを、乗り手が理解していた。飛ばすにせよ飛ばさないにせよ、切れる刃物を扱うたしなみを心得ていたのである。

ジャガー XJ XJR575 主要スペック比較表
車種名XJ
グレード名XJR575 AT
価格(消費税込み)1922万円
全長×全幅×全高5135mm×1905mm×1455mm
ホイールベース3030mm
駆動方式FR
乗車定員5名
エンジン種類V型 8気筒 DOHC
総排気量4999cc
エンジン最高出力423kW(575PS)/6500rpm
エンジン最大トルク700Nm(71.4kg・m)/3500rpm
トランスミッション8速AT
使用燃料ハイオク
タイヤサイズ265/35ZR20
ジャガー/XJ
ジャガー XJカタログを見る
新車価格:
1,170万円2,107万円
中古価格:
39.8万円1,318万円
前へ 1 2 3 4

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ジャガー Fペイスの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fペイスのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fペイスの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fペイスの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fペイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる