イギリス生まれの超ド級マシンをサーキットで解き放つ|ジャガー&ランドローバー SVOモデル試乗(3/4)

画像ギャラリーはこちら

最速にして最強のランドローバー|レンジスポーツ SVR

レンジローバースポーツSVRは、ランドローバーにおける最速のSUVだ。しかし最強の表現方法は、ジャガーとは方向性がまた少し違う。あくまでランドローバーとしての乗り味を基礎に置き、そこに5リッターV8と鍛え上げた足腰が花を添えるのである。

そしてこのドライブフィールにこそ、SVRセッティングが見事にハマる。怒濤の加速をたおやかなスタビリティで支えながら、ドライバーはコマンドポジションで邁進する。それが至高の喜びとなるのだ。

走りの要となるエンジンは、Fタイプクーペと同一のスペック。ただし車重は3車で一番重量級(2420kg)となるため、こうしたクローズドコースでの加速力は体感的に一番穏やかである。そして穏やかだけれど、強烈なのも同じである。

ハンドリングも3台の中では一番落ち着いている。しかしそれは、スタビリティが低いという意味ではない。圧縮されるほどにシッカリ感を増すエアサスと、ロールスピードを緩やかに制御するダンパーを駆使してクリップまでしっかり待てば、タイトコーナーでもきちんと向きを変えてくれる。ボディの動きがわかりやすいために、モーメントも先読みしやすい。

ただし調子に乗っていると、高速コーナーでは慣性重量にグリップが負けてオーバーステアに陥る場面もある。そうすると流れを止めるのは大変である。

怒濤の速さと超重量級ボディが作り出す慣性を押さえ込むべく4WD制御もFタイプやFペイスに比べ安定方向に振られているわけで、無理や無茶は禁物である。

かつてはニュルブルクリンクで8分14秒のタイムをたたき出したレンジローバースポーツSVR。しかし筆者はこのクルマの魅力が、タイムにあるとは思わない。それはあくまでステイタスシンボルでしかないと思っている。

いざとなれば路上の無頼漢を置き去りにする圧倒的な動力性能を持ちながらも、レンジローバーとしての気品を貫く。V8エンジンの鼓動を適度に味わいながら、その心地良い乗り味に身を任せる。それにはカーボン地を剥き出しにしたボンネットがいささか子供っぽい気もするが、極めて贅沢で貴族的なハイエンドSUV、それがレンジローバースポーツSVRの本質であると私は思う。

ランドローバー レンジローバースポーツ SVR 4WD 主要スペック比較表
車種名レンジローバースポーツ
グレード名SVR 4WD AT
価格(消費税込み)1712万円
全長×全幅×全高4855mm×1985mm×1800mm
ホイールベース2920mm
駆動方式4WD
車両重量2420kg
乗車定員5名
エンジン種類V型 8気筒 DOHC
総排気量4999cc
エンジン最高出力423kW(575PS)/6500rpm
エンジン最大トルク700Nm(71.4kg・m)/3500rpm
トランスミッション8速AT
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)7.6km/L
タイヤサイズ275/45R21
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ジャガー Fペイスの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fペイスのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fペイスの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fペイスの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fペイスのニュース一覧

ランドローバー レンジローバースポーツの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー レンジローバースポーツのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー レンジローバースポーツの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー レンジローバースポーツの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー レンジローバースポーツのニュース一覧

ジャガー Fタイプクーペの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー Fタイプクーペのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー Fタイプクーペの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー Fタイプクーペの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー Fタイプクーペのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事